地方紙の楽しい話題を取り上げます


禁煙キャラ「のんすもうくん」 岡山大、全面実施前に啓発へ

Filed under: 教育,文化,社会,習慣 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年7月30日

 2014年4月からキャンパスでの全面禁煙をスタートする岡山大は、学生や教職員に関心を高めてもらおうと、推進キャラクターを作った。力士をモチーフにした「のんすもうくん」で、禁煙を呼び掛けるちらしなどに使用する。

 学生、職員から寄せられた76件の中から、教育学部2年鈴木彩音さん(20)の作品を採用した。赤いまわしに禁煙マークをあしらったかわいらしいデザイン。名前は「ノンスモーキング」と「相撲」を掛けた。

 同大は現在、病院があり、既に全面禁煙の鹿田キャンパスを除いて建物内禁煙だが、14年度からは敷地内全ての喫煙スペースを撤去し、喫煙を一切認めない。

 同大は全面禁煙移行に向けて学生と職員らを対象にした禁煙教育を行っているほか、ニコチンパッチを学生に無料配布し“卒煙”支援に力を入れている。

 「のんすもうくん」は応援役で、同大安全衛生部は「学内の掲示板に貼るなど活用して、禁煙ムードを盛り上げたい」としている。
 
禁煙キャラ「のんすもうくん」 岡山大、全面実施前に啓発へ
 
山陽新聞社

 もう大学もここまで来ましたか。それに、ゆるキャラもここまで来ましたか。
 ゆるキャラ嫌いじゃないけど、愛煙家としては寂しいです。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

モルディブ児童に縄跳び 県と国際交流協 協力大使要請受け発送

Filed under: その他,教育,社会 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年3月4日

 インド洋の島国・モルディブ共和国で、県国際協力大使として活動している坂井市三国町出身の田中隆文さん(23)の要請を受け、県と県国際交流協会が募集していた縄跳びの縄が目標を上回り、田中さんの元に送られることになった。福井市宝永三丁目の県国際交流会館で三日、縄や提供者からのメッセージが箱詰めされた。

 田中さんは、二年間の予定で昨年六月に赴任。モルディブ中央部のトッドゥ島にある小学一年から高校一年までが通う学校で、小学一~五年生に体育を教えている。この募集は、縄跳びを授業に取り入れたいという田中さんの要請を受け、昨年十二月から百本を目標に受け付けていた。

 送られるのは百三十六本と、縄跳びの技術の教本四冊。福井市東安居小PTAと同市清水西小の二団体と個人二十七人から贈られた。協会の職員らが、色とりどりの縄と一緒に「なわとびを好きになってくれたら」「使いやすいので、役に立てば」などのメッセージが書かれた紙も箱に詰めた。

 県国際協力大使への物資の送付は、二〇〇二年度に始まり、今回が二十一回目。 (丸山崇志)

 
モルディブ児童に縄跳び 県と国際交流協 協力大使要請受け発送
 
日刊県民福井

 
 年のせいか、こんな暖かな善意の話題になると、涙が出そうになってしまいます。こんな話題はもっと大々的に喧伝されてもいいと思うのですがね。悪いニュースばかりをトップにしないで。その為のこのブログでもあるのですが。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

伊良部中生徒、「サシバ保護」取り組み発表

Filed under: 教育,自然,野鳥 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月9日

【那覇支局】県主催の環境教育モデル校実績発表大会が7日、 県庁講堂で行われた。 宮古島市立伊良部中学校は 「野生生物の保護・環境保全に関すること~サシバの保護活動・環境美化活動を通して~」 で発表。 長濱一希くん (2年) と奥濱倖統くん (同) が、 サシバ保護の取り組みや環境保全・美化に関する活動などを紹介した。
続き
 県は、 1990年度から全国に先がけて環境教育モデル事業を実施しており、 これまで小・中・高校及び特殊教育諸学校併せて72校を 「環境教育モデル校」 と指定し、 学校における環境教育の推進を図ってきた。 2010年度は、 08年度に指定した環境教育モデル校が最終年度に当たることから活動の成果を発表した。
 伊良部中は、 国際保護鳥であるサシバの保護意識を高め、 サシバを広く地域へ発信していくことなどをねらいに取り組んだ。 具体的にはサシバ保護のためのポスター作成や標語作成、 サシバ保護集会・パレードを実施。 保護旬間中は生徒たちが胸にグリーンリボンを着用し、 自然保護意識を高めた。
 まとめとしては▽サシバの生態、 飛来経路、 サシバの現状を学習することができた▽学習することでサシバの保護に力を入れようと思った▽飛来調査に参加することで、 サシバが飛来する伊良部島を誇りに思うようになり、 自然環境を守っていこうと思った―などと述べた。
 
伊良部中生徒、「サシバ保護」取り組み発表
 
宮古新報

 
 鳥をやっている人間としてはちょっと見逃せない記事です。
 サシバはカラスクラスのタカです。オオタカとも同じくらいの大きさです。また渡りをするタカとして有名です。私も毎年近くのルートにサシバの渡りを見に行きます。私の見たサシバが宮古島にもきっと行っている事でしょう。そう考えると、なんだか嬉しいですね。
 中学生達の保護意識が高まる事は大変いいことだと思います。頑張れ。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

筑波宇宙センターで「はやぶさ」カプセル公開 最長1時間待ち

Filed under: 天体,教育,科学 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年8月3日

 小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルの一般公開が2日、つくば市千現の筑波宇宙センターで始まった。約60億キロの旅から帰還したカプセルの実物を一目見ようと、午前10時の開場を前に約600人が列をつくった。初日は約6千人が詰め掛け、最長で1時間待ちとなった。
 はやぶさは2003年5月に打ち上げられ、数々の苦難を乗り越えて小惑星「イトカワ」表面のサンプルを持ち帰るという偉業を成し遂げた。
 午前4時半から並び、一番乗りとなった千葉県流山市の自動車板金工、鎌田晃治さん(39)は「はやぶさはただの機械とは思えない。トラブルに見舞われてもミッションをやり遂げ、帰ってきたんだなあと感慨深かった」と話した。
 展示されているのは、大気圏突入時の高熱からカプセル内部を守ったシールドや地上での探索の目印となる電波を発した電子機器部、パラシュートなど計6点。落下の衝撃を受けたのに傷もなくきれいな状態で発見されたシールドが特に注目を集めている。阿見町の岡田登さん(75)は「よく燃え尽きず、原型をとどめて帰ってきた」と感動していた。
 公開は6日まで(シールドは3日まで)、午前10時~午後5時。待ち時間に体調不良を訴えた女性もいたため、同センターは「暑さ対策には気を付けてほしい」と呼び掛けている。

【写真説明】
はやぶさのカプセルを見学する人たち=つくば市千現の筑波宇宙センター
 
筑波宇宙センターで「はやぶさ」カプセル公開 最長1時間待ち  リンク切れ
 
茨城新聞

 
 「はやぶさ」のカプセルに入っている塵が小惑星「イトカワ」のものだといいのになと、強く願っている管理人です。
 それにしても小さい塵の大きなロマンですね。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

東福寺で三日坊主修行 県内外の小学生、辛抱強さなど養う

Filed under: 寺社,教育,文化 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年7月29日

 つるぎ町貞光木屋の東福寺で28日、夏休み恒例の三日坊主(こぼんさん)修行が始まった。県内外から参加した小学生は30日まで寺に泊まり、座禅や境内の掃除、朝晩の読経などを体験し、辛抱強さや協調性を養う。

 大阪や大分など1府6県と県内から計39人が参加。家族手作りの修行着を身に付けて入山式に臨み「友達とけんかしない」「うそをつかない」など10カ条を仏前に約束した。

 徳島市西須賀町の尾山晃大(あきひろ)君(11)=生比奈小6年=が代表し、沖田定信名誉住職に「和尚さんや先生方の言うことをよく守り、世の中に役立つ人になります」と誓った。

 その後、児童は名誉住職らの指導を受けながら、修行中の食事で使う竹ばし作りに挑戦した。

 29日は山中での座禅や飯ごう炊さんを体験し、30日には修行を振り返って感想文を書く。修行は今年で15回目。

【写真説明】手を合わせ、入山式に臨む児童=つるぎ町貞光の東福寺
 
東福寺で三日坊主修行 県内外の小学生、辛抱強さなど養う
 
徳島新聞

 
 これは面白そうだ。辛抱の無い私も、ちいさいころに経験しておけばよかったと思う。
 
 「三日坊主修行」の理念はこちらにあります。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

丸亀で「積み木ワークショップ」開催

Filed under: 教育 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年7月23日

 夏休みに入り、香川県丸亀市飯山町の飯山北コミュニティセンターで22日、子どもたちを対象にした「積み木ワークショップ」が始まった。積み木は、単純でありがながら子どもたちの創造力を刺激するのに役立つ遊びとあって、大勢の参加者がアイデアを出し合って楽しい時間を過ごした。

 ワークショップは、同市のママ友グループ「積み木クラブ」(小河博子代表)が昨年から開催しており、ことしで2回目。26日までの5日間、幼稚園児以下を対象にした午前の部と、園児以上が対象の午後の部の2回に分けて実施。初日の午前の部には、39組の親子約100人が参加した。

 会場には、立方体や直方体、三角柱など、形も大きさもさまざまな積み木5120ピースを準備。子どもたちはみんなで力を合わせて、直径約3メートルの大きなコロシアムをつくったり、背の高いビルを“建築”した。

 初めて参加した城西小3年の平下鈴花ちゃん(8)は、「何をつくろうか考えるのは大変。でも楽しい」とにっこり。母親の洋子さんは「子どもたちは遊びを通じ、自分の世界を広げているようだ」とほほ笑んだ。

 小河代表は、「積み木は協調性や、あきらめない心も育ててくれる」と、ワークショップの意義を強調している。

 参加費は1家族1千円で、全日フリーパス。問い合わせは小河代表〈090(1328)2211〉。
 
丸亀で「積み木ワークショップ」開催
 
四国新聞社

 
 確かに、積木は創造力を養えそうだ。パーツは大きい方がいい。しかも沢山。ただし種類は多く無くていいような気がします。後は広い場所。楽しそうだ。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

気になる記事でマイ新聞 岩松小の6年生

Filed under: 教育,社会 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年7月19日

 小城市小城町の岩松小(井手義信校長)の6年生51人が、関心のある新聞記事をスクラップした”マイ新聞づくり“に取り組んでいる。一週間で最も気になった記事を取り上げ、その記事と選んだ理由、感想を記入。社会の動きやふるさとの話題などにアンテナを張り巡らしている。

 子どもたちにより社会への関心を芽生えさせ、文字に触れる機会を増やそうと、4月から始めた。スクラップは毎週末の宿題として実施。その週のニュースの中から一つを取り上げ、A4判の用紙に記事を添付。余白部分には感想などを新聞のようにレイアウトしている。

 初めはプロ野球や芸能など情報に偏りがあった児童も、次第にニュースの選択が広範囲に。読めない漢字は辞書を引いたり、親と一緒に新聞を読むなどしている。「友達の新聞を見るのが楽しみ」「みんなを驚かすニュースを見つける」などとやる気を見せているという。

 スクラップは来年3月まで続ける。石丸久美子教諭は「社会への視野が広がり、読む習慣が徐々に身についているようだ」と確かな手応えを感じている。

【写真】子どもたちは1週間の新聞の中から1本の記事を選び、スクラップを続けている=小城市の岩松小
 
気になる記事でマイ新聞 岩松小の6年生
 
佐賀新聞

 
 おおっ!これはまったくこのホームページと同じような事を子供たちがやっているという事じゃないですか。しかも、自分の感想などは私よりも充実していそうだ。
 負けないように頑張らねば。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

植物図の達人 金大・梅林助手 国内大学で唯一の専門家 葉脈まで精緻に

Filed under: 教育,植物 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年1月12日

植物図の達人 金大・梅林助手 国内大学で唯一の専門家 葉脈まで精緻に
 
 金大に国内の大学でただ一人の「図工」がいるそうだ。図画工作ではなく、「図」の職人である。描くのは植物の図で、よくある植物画とは似て非なるものだという。その植物図工、梅林正芳さん(59)を訪ねて角間の金大研究室に入ると、精緻(せいち)を極める無数の植物図があった。
 梅林さんは金大理工学域自然システム学系の助手。愛知県出身で名城大農学部農学科を卒業後、植物分類学の研究者を志して京大大学院の門をたたいた。入学はかなわなかったが、論文につけた植物のスケッチが教授の目に止まった。「植物図工を探している出版社がある。やってみんか」。植物図工人生が始まった。
 植物図は、いわゆる植物画とは違うそうだ。欠かせないのが顕微鏡。1ミリを10センチに拡大し、葉脈や根毛の一本一本をしっかりととらえて描く。研究者が伝えたい情報を際立たせるため、本来の姿を強調したり省略したり。写真にはない利点がある。
 植物図工の道に入った梅林さんだったが、はじめは「この草はブリキでできているのか」などと編集者から駄目を出されてばかり。それでも描くしかなかった。
 転機が訪れたのは1992(平成4)年。金大で植物の根の図説を製作していた清水建美名誉教授からお呼びが掛かった。梅林さんは金大に入り、学生に植物の描き方を教える傍ら、全国から舞い込んでくる仕事をこなしてきた。
 大学の植物図工は、どうして梅林さんだけになったのか。日本植物分類学会の戸部博会長(京大大学院教授)によると、1970年代まで、植物分類学の講義では植物図が必ずといっていいほど使われ、こうした講義のある大学には図工がいた。しかし、一枚の絵は簡単に複製、転用できるようになり、図工が新たに描く機会は減った。
 梅林さんは残った。戸部会長が言うには「研究者の狙いをくみ取り、微細な構造をとらえた図を描く。誰にもまねできない」。梅林さんの技は、日本の植物分類学には欠かせないのだ。
 梅林さんが退官する5年後には日本の大学から植物図工が姿を消すことになるが、技は金沢に残る。梅林さんは3年前から金沢市西町の金大サテライト・プラザで植物図の教室を開き、約20人の生徒に技を伝えている。植物図工としての実績と、こうした活動が認められ、昨年12月には松下幸之助花の万博記念奨励賞受賞が決まった。
 「よく観察すると、見えなかったものが見えてくる。きっと植物に興味が持てる。その楽しさを伝えたい。器用じゃないから、これしかできない」。ミクロを描く達人の仕事は、まだまだ続きそうだ。(林あゆみ)
 
北国新聞

 
 実際の図が載っていないのでどんなものなのかはっきりとはしませんが、植物図鑑の絵とは違うんだろうな。是非見てみたい。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

キッズゲルニカ出品作が完成 長崎・茂木中美術部

Filed under: 教育 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2009年12月29日

キッズゲルニカ出品作が完成 長崎・茂木中美術部  リンク切れ
 
 長崎市立茂木中美術部の生徒たちが28日、来年1月5~10日に県美術館(長崎市出島町)で開かれる国際子ども平和壁画展「キッズゲルニカ in ながさき」(同壁画展プロジェクト主催)に出品する「長崎から世界へ、平和のメッセージ」を完成させた。

 キッズゲルニカはピカソの反戦絵画「ゲルニカ」にならい、子どもが同作品と同じサイズの縦3・5メートル、横7・8メートルのキャンバスに平和を願う絵を描くプロジェクト。1995年、日米の教育学者らが連携して始め、世界各国で展覧会が開かれている。
 長崎展は過去最大規模で、本県と世界11カ国の子どもの作品20点を展示する。同校美術部の13人は11月下旬から制作。キャンバスの下半分に原爆で破壊された浦上天主堂、午前11時2分を指した時計など被爆時の灰色のイメージの長崎を描く一方、上半分は青や黄緑など明るい色彩で着色。中央に地球を配置、周囲にハトや花などを描き、世界平和のメッセージを表現した。
 これで本県関連の8作品を含むすべての出品作が完成。同校美術部の吉本万里部長(14)=2年=は「原爆が落とされる過ちが繰り返されないよう願いを込めた。あらためて原爆の悲惨さと平和の大切さを考えてほしい」と話した。長崎展の入場は無料。
 
長崎新聞

 今日は長崎新聞の記事、二つ目です。
 「キッズゲルニカ」なるものがあるのは知っていましたが、どこでどのように行われているのかは知りませんでした。さすが原爆の地長崎ですね。反戦には敏感なようです。自壊を込めて、キッズ達頑張れ。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ