地方紙の楽しい話題を取り上げます


大入り願い、筆に託し 南座「まねき書き」始まる

Filed under: 伝統技術,寺社,文化 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2013年11月7日

 京都の師走の風物詩、南座(京都市東山区)の「吉例顔見世興行」で、劇場の前を彩る看板に歌舞伎俳優の名を書き入れる「まねき書き」が7日、左京区の妙伝寺で始まった。

 まねき看板は長さ約1・8メートル、幅約30センチのヒノキの一枚板。つや出しに清酒を混ぜた墨を使い、公演の大入りを願って、独特な丸みを帯びた「勘亭流」の書体で書かれるのが特徴だ。

 同寺客殿の作業場では、書家の川勝清歩さん(80)が、墨を十分に含ませた筆を力強く走らせた。白木の板には、顔見世で襲名披露する「市川猿之助」ら人気役者の名前が黒々と躍った。

 今年は計64枚あり、25日朝の「まねき上げ」で南座正面に掲げられる。顔見世は30日から12月26日まで。

 
大入り願い、筆に託し 南座「まねき書き」始まる
 
京都新聞

 色々な職業と言うか、職人技と言うか、あるものですね。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

“人馬一体” 騎馬打毬/八戸三社大祭中日

Filed under: イベント,伝統芸能,寺社,文化,歴史,,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年8月3日

 八戸三社大祭は中日の2日、八戸市の長者山新羅神社桜馬場で、伝統武芸の加賀美流騎馬打毬(だきゅう)が行われた。狩り装束をまとった騎馬武者が古式ゆかしい武技を披露し、観客を魅了した。
 加賀美流騎馬打毬は江戸後期の文政10(1827)年、新羅神社に奉納された祭典競技が起源とされる。打毬は現在、同市のほか、宮内庁と山形市にだけ残されている。
 4人ずつ紅白の2組に分かれた騎手は、馬と毬杖(まりづえ)を巧みに操作。人馬一体となって縦横無尽に馬場を駆け回り、ゴールの門に次々と毬を投げ入れた。
 同日は夜間の山車運行も行われ、ライトアップされた山車が市中心街を練り歩いた。
 八戸観光コンベンション協会によると、2日の入り込み数は16万5千人。ディズニーパレードが行われた昨年を6万人下回った。
 (文・松原一茂、写真・大粒来仁)
 
“人馬一体” 騎馬打毬/八戸三社大祭中日
 
デーリー東北新聞社

 
 地方新聞を漁っていないと知り得ない文化が沢山ありますね。これもその一つ。騎馬打毬(だきゅう)は初めて知りました。調べると、ペルシャ起源で、ヨーロッパに渡ってイギリスのポロになり、日本まで伝わって騎馬打毬(だきゅう)になったんですって。ポロと起源が一緒なんですよ。面白い。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

求む!カッパ目撃情報 人吉球磨で観光企画

Filed under: イベント,文化,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年8月2日

 カッパ伝説が残る人吉球磨地方で1日、3年目のカッパ捜索が始まった。県球磨地域振興局を中心に結成されたカッパ捜索隊に目撃情報を提供すると、人吉球磨の特産品などが当たる。31日まで。

 県球磨地域振興局や地元市町村などが、観光客を誘致しようと企画。昨年は、JR人吉駅や球泉洞などに5匹のカッパが出没し、1カ月間に281件の目撃情報が寄せられた。ことしも5匹登場する。

 パソコンや携帯電話の専用サイトにアクセスすると、いつ、どこでカッパが出没しそうか確認できる。カッパを見つけたら、目撃日時や場所、特徴などを捜索隊に送信する。

 この日は球磨村を中心に出現。JR一勝地駅では、博多-人吉を臨時運行しているJR九州の観光特急「あそぼーい!」に乗り込むサプライズも。母親と記念撮影した福岡市の谷野花さん(8)は「想像よりもかわいかった。捜索隊に報告してみようかな」と話していた。

 専用サイトなどの問い合わせは県球磨地域振興局総務振興課TEL0966(24)4113。(後藤仁孝)
 
求む!カッパ目撃情報 人吉球磨で観光企画
 
熊本日日新聞

 
 これはまた、ツチノコ捜索隊のようなものかと思ったら違いました。着ぐるみカッパが実際に町に出没し、それを見つけようという催しのようです。それもまたありですか。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

禁煙キャラ「のんすもうくん」 岡山大、全面実施前に啓発へ

Filed under: 教育,文化,社会,習慣 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年7月30日

 2014年4月からキャンパスでの全面禁煙をスタートする岡山大は、学生や教職員に関心を高めてもらおうと、推進キャラクターを作った。力士をモチーフにした「のんすもうくん」で、禁煙を呼び掛けるちらしなどに使用する。

 学生、職員から寄せられた76件の中から、教育学部2年鈴木彩音さん(20)の作品を採用した。赤いまわしに禁煙マークをあしらったかわいらしいデザイン。名前は「ノンスモーキング」と「相撲」を掛けた。

 同大は現在、病院があり、既に全面禁煙の鹿田キャンパスを除いて建物内禁煙だが、14年度からは敷地内全ての喫煙スペースを撤去し、喫煙を一切認めない。

 同大は全面禁煙移行に向けて学生と職員らを対象にした禁煙教育を行っているほか、ニコチンパッチを学生に無料配布し“卒煙”支援に力を入れている。

 「のんすもうくん」は応援役で、同大安全衛生部は「学内の掲示板に貼るなど活用して、禁煙ムードを盛り上げたい」としている。
 
禁煙キャラ「のんすもうくん」 岡山大、全面実施前に啓発へ
 
山陽新聞社

 もう大学もここまで来ましたか。それに、ゆるキャラもここまで来ましたか。
 ゆるキャラ嫌いじゃないけど、愛煙家としては寂しいです。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

佐々川で旬の味覚「シロウオ漁」 今月下旬ごろ最盛期

Filed under: 動物,文化, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月8日

 県北にひと足早い春の訪れを告げる「シロウオ漁」が、県北最長河川の佐々川(21・9キロ)下流域で始まった。

 シロウオはハゼ科の半透明の魚で体長4センチ前後。漁は護岸から川面に突き出すように設けられた足場台から約1・8メートル四方の網を川底に沈め、産卵のため海からさかのぼってくるシロウオの群れをすくい上げる。

 北松佐々町の地元漁師によると、年初の寒波と少雨による影響からか、群れが少ないという。今後、水温が上がって雨が降れば漁獲が見込めると言い、今月下旬ごろから最盛期を迎える。

 シロウオは町民にとって春を代表する味覚の一つ。生きたままの「躍り食い」や、てんぷら、吸い物などで味わう。
 
佐々川で旬の味覚「シロウオ漁」 今月下旬ごろ最盛期
 
長崎新聞

 
 南の方のあちこちから、春の便りが届き始めましたね。
 ちなみに、管理人はシロウオとシラウオの区別が全く判りません。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

備後一宮・吉備津神社で「ほら吹き神事」

Filed under: イベント,寺社,文化, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月5日

 福山市新市町宮内、備後一宮・吉備津神社で3日夜、節分祭の一環で伝統の「ほら吹き神事」が行われ、同神事保存会の会員らが世相を鋭く風刺したユニークなほら話で会場を盛り上げた。

 会員ら10人が特設ステージに登場し、約千人(同神社発表)の前で順番に披露。ある男性は匿名でランドセルなどを贈る“タイガーマスク運動”に触れ、「1億円を手に入れたけど、そんなに高いランドセルはないので小切手で寄付した」と述べた。ユーモアあふれる話の数々に場内は笑いに包まれた。

 同神事は鎌倉時代のころ、節分の夜に自慢話などで一夜を語り明かしたことが起源とされている。
 
備後一宮・吉備津神社で「ほら吹き神事」
 
山陽新聞社

 
 世の中には変わった祭りがあるものですね。こんなのを見つけると、このブログをやってて良かったと思います。管理人もほら話は好きです。時々ほら吹きます。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

鬼を追い出し厄払い 乙訓の社寺で節分行事

Filed under: イベント,寺社,文化,歴史,,習慣 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月4日

 節分の3日、乙訓地域の社寺では豆まきや厄払いの行事があった。好天に恵まれ、寒さもゆるんだ中、福をもらおうとする多くの人でにぎわった。

 京都府大山崎町大山崎の宝積寺では、今年で1288回目とされる「星供節分会(ほしくせつぶんえ)」が行われ、約500人の参拝者が訪れた。本堂は昨春、シロアリ被害で床が抜け落ちたため応急工事を施し、入場人数を制限した。

 午後2時過ぎ、七福神の衣装や鬼の面をつけた信者ら34人が山門を出発し、本堂に入った。招福を祈願する星供養と追儺(ついな)式が厳かに営まれ、たいまつを持った鬼たちが追い出された。

 続いて修験者が吹くほら貝の音を合図に、福娘姿のOSK日本歌劇団員4人や稚児、七福神にふんした信者による福豆まきが行われた。保育園児からお年寄りまで幅広い年代層の人たちが本堂前を埋め、多くの豆をもらおうと、持参した帽子や袋を広げていた。

 長岡京市天神の長岡天満宮でも節分祭が営まれた。本殿前で暴れた鬼たちは、今年の年男や年女に豆を投げ当てられ退散した。

 特設舞台であった豆まきには、中小路宗俊宮司に加え、プロバスケットボールbjリーグの「京都ハンナリーズ」の2選手が登場。約400人を前に笑顔で「福は内」と声を上げていた。

 向日市向日町の向日神社でも、恒例の「節分祭」が営まれた。氏子や地域の住民らが多数訪れ、厄払いを祈願した。

 午前10時ちょうどに太鼓が打ち鳴らされ、神事が始まった。入りきらないほど多くの参拝者が詰めかけた本殿で、六人部是継宮司が災厄を払う祈とうを行い、福豆などを供え、祝詞を読み上げた。

 神事の後、参拝者は順に神前で手を合わせ、今年一年の無病息災などを祈った。続いて宮司らから一人一人に福豆が授与された。

 初めて節分祭に足を運んだという同市鶏冠井町の主婦五十棲恵子さん(63)は「今年も一年元気で過ごしたいとお祈りしました」と笑顔で話していた。
 
鬼を追い出し厄払い 乙訓の社寺で節分行事

京都新聞

 
 京都は由緒正しい寺社が沢山ありますので、節分の行事もあちこちで盛んのようです。この記事では宝積寺、長岡天満宮、向日神社の節分の話しでしたが、壬生寺や吉田神社も有名ですね。
 福を欲しがる人が多いようですが、福は呼び寄せるものらしいですよ。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

官民協働で熟す秋、「無尽蔵プロジェクト」清閑亭で初の成功例/小田原

Filed under: 史跡,政治,文化,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年10月25日

 市民と行政が役割分担してまちづくりに取り組む小田原市の「無尽蔵プロジェクト」。昨年12月のスタートから10カ月を経て、ひとつの実りを手にしつつある。市は自ら所有する施設の管理・運営をNPO法人に任せ、NPO法人は独自のノウハウを生かした施設の利用策を打ち出す。つまり、行政は懐を痛めずに施設の有効利用と集客が図れ、NPO法人はイベントなどで得た資金でさらなる企画の展開に挑む、いわば“一挙両得”の取り組みだ。その成功例は、国登録有形文化財「清閑亭」で地歩を着々と築いている。

 無尽蔵プロジェクトは、市が「市民参画の推進」を議論する中から生まれた。行政が「市民参画の推進」を目的に実施してきた企画は、資金も人材も「行政丸抱え」になりがちだったという反省が原点にある。財政難の折から、こうした企画は「1年で打ち切り」になる可能性もあり、「そもそも行政単独での事業実施は限界を迎えている」という声もささやかれていた。

 そこで「補助金以外の市民への協力の方法」が検討された。行政が提案し、実施主体となる民間に補助金を交付するのではなく、市の施設の貸与や許認可といった「金のかからない協力」へと転換。民間が稼げば、結果的に「人が集まり、経済効果が生まれ、税収も増える」という考え方だ。こうして(1)市民活力の向上(2)経済の活性化―を掲げる「無尽蔵プロジェクト」が生まれた。

 市は「ウオーキングタウン」「食」「文学」など既に民間が実施している10分野で協力を依頼し、各団体の企画やイベントに同プロジェクトの冠をつけることから始めた。

 例えば「ウオーキングタウン」は、NPO法人小田原まちづくり応援団の手による。市は清閑亭を所有するものの有効利用が図れずにいたため、「ウオーキングタウンの中核施設になるのでは」と清閑亭の管理・運営を任せた。2年間限定の実証実験だ。

 応援団は、清閑亭の一般公開やコンサート、展示会の受け入れなどを矢継ぎ早に企画。館内に喫茶コーナーを設けるなど、市民目線の運営手法で集客と資金の確保を両立させている。音楽や木造建築を手掛ける民間団体とのコラボレーションによる新企画などの相乗効果も生まれており、同プロジェクト初の成功例といえそうだ。

 ただ「行政が民間に事業を丸投げしていいのか」という批判は少なくない。市担当者は「まちづくりの方向性が一致していることが大前提だ」と話す。3カ月に1回、市担当者らを交えた連絡調整会議を開くことで、「お互いの動きを知り、各事業の方向性に齟齬(そご)のないよう努めている」と説明している。

 ◆清閑亭 明治末期から大正初期にかけて、黒田長成侯爵の別荘として建てられた。木造平屋一部2階建て(延べ床面積約340平方メートル)の数寄屋風書院造りで、2008年に市が取得した。敷地は4500平方メートルで、国指定史跡(小田原城三の丸外郭の一部)。
 
官民協働で熟す秋、「無尽蔵プロジェクト」清閑亭で初の成功例/小田原
 
神奈川新聞社

 
 私なんか、この方法はいい考えだと思いますね。行政は金をかけずに何らかのプラスが考えられますからね。民間の方もプラスになれば続けるだろうし。「行政が民間に事業を丸投げしていいのか」というほど目くじら立てずに、もう少し見守ってはいかがでしょう。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

やっぱり「だくえもん」 不知火諾右衛門、読み方論争に決着

Filed under: スポーツ,伝統芸能,文化,歴史 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年9月16日

 江戸時代の名横綱・不知火諾右衛門について、出身地の宇土市教育委員会が名前の読みを「だくえもん」に統一することが15日、分かった。

 不知火諾右衛門は1801年、現在の宇土市栗崎町生まれ。名前の読みはもともと「だくえもん」で通っていたが、市史編さん委員会の井上正初代委員長が1996年発表した市史研究で「なぎえもん」を提唱。以来、市教委は公的資料やホームページなどで「なぎえもん」としてきた。

 本紙も2008年12月に宇土市で大相撲冬巡業が催された際、諾右衛門の読みを市教委の説に従い「なぎえもん」と掲載。記事を見た子孫の佐久間雅裕さん(48)=熊本市=が「先祖代々『だくえもん』と呼んでいる」と訴え、市教委に訂正を求めていた。

 指摘を受けた市教委は諾右衛門の菩提[ぼだい]寺に問い合わせたほか、県立図書館や肥後細川家永青文庫の資料なども調べたが、読みは分からなかったという。

 市教委は資料発見の見込みは極めて薄いと判断。子孫の思いを考慮し訂正を決めた。佐久間さんには文書で謝罪。今後は市のホームページや広報、印刷物などで、「だくえもん」と振り仮名を付けて周知を進めるという。

 佐久間さんは「読みが訂正されるのは当たり前。正しい読みが知れ渡るように広報してほしい」と話している。(後藤幸樹)
 
やっぱり「だくえもん」 不知火諾右衛門、読み方論争に決着  リンク切れ
 
熊本日日新聞

 
 200年前くらいなのに読み方がわからないんですね。ちょっと不思議な感じがしますが、残された書物に読み仮名なんてふってないでしょうからある意味当然でしょうか。
 こんな時は、子孫の言う事に従うのが自然でしょうね。代々そう呼ばれてきていたのでしょうから。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

遠野物語の魅力じかに ゼミナール、作中舞台巡る

Filed under: 文化,歴史, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年9月6日

 遠野市のNPO法人遠野物語研究所(高柳俊郎所長)主催の「遠野物語ゼミナール2010」は最終日の5日、フィールドワークで同市土淵町などを巡り、約150人の参加者が「現存」する物語の世界を堪能した。

 同町の農業安部志美子さん(83)方では、代々安部家に伝わる「オクナイサマ」を見学した。遠野物語15話には「オクナイサマを祭れば幸(さいわい)多し」とあり、田植えを手伝った神様として紹介されている。

 志美子さんは室内に祭られている身丈約70センチの仏像型のオクナイサマを「小正月の16日におしろいをし、毎年着物を着せ替えている。田植えを手伝ってくれたり、雨降りに洗濯物を家の中に取り込んでくれたりした守り神です」と解説した。

 参加者は「貴重な守り神を見せていただきありがたい」と感謝。志美子さんは「こうして大勢の皆さんに会えるのもオクナイサマのおかげです」と笑顔を見せた。

【写真=安部家に代々伝わるオクナイサマ。田植えを手伝った神様として「遠野物語」に登場する】
 
遠野物語の魅力じかに ゼミナール、作中舞台巡る  リンク切れ
 
岩手日報

 
 柳田國男の遠野物語は昔読んだはずですが、内容までは覚えていません。早池峰山の話が出てきたような。この「オクナイサマ」の名も記憶のどこかにあるようなないような。
 古からの習慣は大事にしたいものです。日本人の原点の一つなのですから。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ
Older Posts »