地方紙の楽しい話題を取り上げます


「尾瀬サミット」開催

Filed under: 旅行,自然,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年9月4日

 尾瀬国立公園の保護と利用について考える「尾瀬サミット2010」(尾瀬保護財団主催)が3日、片品村の尾瀬ケ原・山ノ鼻地区の尾瀬ロッジで開かれた。入山口の分散利用、高齢者や障害者の入山促進を目的にした車両規制の緩和などの課題について意見を交わし、自然保護を進めながら尾瀬の活用に向けた取り組みを強化していくことを申し合わせた。

 群馬、福島、新潟の3県の知事をはじめ、関係者ら約70人が参加した。本県での開催は3年ぶりとなる。

 昨年のサミットで片品村の千明金造村長が要望した、村内2カ所の入山ルート(大清水~一ノ瀬間、富士見下~富士見峠間)の車両規制緩和について、環境省が検討結果を報告した。

 大清水~一ノ瀬間については、鳩待峠への通年マイカー規制を段階的に導入したり、戸倉を拠点にしたバス運行を充実させるなどして現状の交通網を見直し、尾瀬全体を対象にした「尾瀬らしい自動車利用」の構築を目指していく中で検討する必要があると指摘。関係者や利用者の意識調査、環境への影響に関する調査を本年度も引き続き進めるとした。

 富士見下~富士見峠間については、同区間が村道であることを踏まえ、片品村から実施計画を提案してもらい、関係者の合意を得て行うことが望ましいとした。

 サミットは「みんなの尾瀬をみんなで守りみんなで楽しむ」がテーマ。参加者からは「高齢者や障害者でも気軽に利用できるようにすべきだ」「入山者減少に歯止めをかけるため具体的な策を考える必要がある」などの意見が出た。

 尾瀬保護財団理事長の大沢正明知事は「国立公園誕生から3年が過ぎ、自然を『どのように守るか』から『どのように活用していくか』という一歩進んだ議論ができてよかった」と総括した。
 
「尾瀬サミット」開催
 
上毛新聞

 
 これはちょっと問題ですよ。やっと尾瀬の入山者が減ってきたと私としては喜んでいたのですが、また増やそうというのですね。高齢者や障害者の入山なら、その方達だけを車で近くまで送ればいいのであって、車の規制全体を緩和する必要はないと思うのですが。
 どうやら観光行政の考え方が先行しているようで気がかりです。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

口蹄疫復興を支援 旅行業者が「送客」作戦

Filed under: 旅行,社会 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年7月30日

 口蹄疫で経済的打撃を受けている本県を支援しようと、旅行業大手が県外から本県に観光客を送り込む「送客」キャンペーンをスタートさせた。

 非常事態宣言解除に合わせ、JTB(東京都)など10社程度が旅行商品を販売、または企画中。県外客が実際に本県を訪れ、復興に向けて頑張っている姿を見ることで、風評被害をぬぐい去る効果も。地元への経済波及と合わせ、関係者は一石二鳥の効果に期待を寄せている。

 みやざき観光コンベンション協会によると、これまでも旅行業界は地震など自然災害後に、被災地の観光業を支援するための復興キャンペーンを実施。最近では岩手・宮城内陸地震(2008年)、新潟県中越沖地震(07年)で同様の試みがあった。今回は旅行業大手10社ほどが夏場限定や年度内いっぱいのキャンペーンを企画。同協会は8、9月で観光客2万5千人の来県を見込んでいる。

(詳細は30日付朝刊、または携帯サイトで)

【写真】みやざき観光コンベンション協会が企画した「来て! みて! 宮崎」キャンペーン」のロゴマークとチラシ=29日午後、みやざき観光コンベンション協会
 
口蹄疫復興を支援 旅行業者が「送客」作戦
 
宮崎日日新聞社

 
 商魂逞しいというなかれ。どんな事でも困っている人の助けになればいいのだから。何もしない私より・・・・?反省。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

黒部川ラフティング 急流下り観光の目玉に 市長ら試乗体験

Filed under: スポーツ,旅行,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年7月27日

 急流河川をゴムボートなどで下るスポーツ「ラフティング」の愛好者が激しい流れで知られる黒部川で、徐々に増えている。二十五日には堀内康男黒部市長らが試乗体験し、市はラフティングを黒部観光の新たな目玉にしていきたいとする。(平井剛)

 黒部川でのラフティングは、県外のアウトドアイベント企画会社数社が三年ほど前から始めた。その一つ、白馬ライオンアドベンチャー(長野県白馬村)の和田信治社長(53)は「激流の黒部川は川下りを楽しむ最適河川の一つ」と話す。

 二十五日は同社主催のイベントに、堀内市長や市観光関係者など六人が参加。愛本橋から黒部大橋のたもとまでの約十キロを、同社スタッフと一緒にパドルをこぎながら約一時間半かけて下った。

 ラフティングが楽しめるのは、ある程度の水量がある五~七月。今年はシーズンが終わりに近いが、和田社長は「来年は市と協力して常設コースを開きたい」と話す。

 堀内市長も「観光振興につなげるため、こうしたアウトドアの楽しみがあることをPRしていきたい」と意気込んでいる。

 
黒部川ラフティング 急流下り観光の目玉に 市長ら試乗体験  リンク切れ
 
北陸中日新聞

 
 最近は色んな川でラフティングがおこなわれるようになりましたね。でも黒部はちょっと魅力的ですね。アルプスの水が下る急流ですから。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

オリジナル灯籠が温泉街照らす 大蔵・肘折で展示会

Filed under: 文化,旅行,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年7月14日

 大蔵村の肘折温泉で13日夜、オリジナル灯籠(とうろう)の展示会「ひじおりの灯(ひ)2010」が始まり、個性豊かな灯籠が温泉街の夜を幻想的に照らしている。

 同温泉では、伝統ある湯治場の魅力を100年後の子どもたちに継承することを目指し、東北芸術工科大と連携して芸術・文化による地域活性化事業「肘折温泉プロジェクト」に取り組んでいる。「ひじおりの灯」はプロジェクトの一環で、今年は同大の学生や地元住民たちが灯籠36基を制作した。

 同温泉街の旅館や商店の軒先には村内の自然環境や街並み、生活などを色鮮やかに描いた八角柱の灯籠がつるされている。埼玉県志木市から観光で訪れた横尾敏子さん(68)と佐藤喜子さん(75)は「どの灯籠もきれい。素晴らしいイベントに巡り会えた」と話していた。

 灯籠の点灯は午後6時半~8時で、8月31日まで。今月24日には、灯籠の作画者が制作の際に込めた思いなどを語るトークイベント「肘折絵語り・夜語り」が開かれる。
 
オリジナル灯籠が温泉街照らす 大蔵・肘折で展示会
 
山形新聞

 
 灯籠は情緒があって好きですね。昔回り灯籠を作って遊びました。我ながらよくできたと悦に入ったのを思い出します。
 こんな文化も残ってほしいと思いますね。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

関越道寄居リニューアル テーマ型PA「星の王子さま」

Filed under: 旅行,観光, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年7月1日

 ネクスコ東日本は30日、関越道寄居PA上り線(深谷市本郷)に、「寄居 星の王子さまPA」をリニューアルオープンした。
 同社はサービスの向上と、個性的な店舗展開などを基本方針に、SA・PAづくりを進めている。同施設はサンテグジュぺリの著書「星の王子さま」とコラボした新しいタイプのPA。“癒やし”をコンセプトに、南フランスプロバンス地方の雰囲気を演出している。レストラン「ル・プチ・フランス」は地元深谷産の野菜を使ったプロバンス地方の家庭料理を提供する。ショップ「五億の鈴」では同PAオリジナルグッズも販売する。・・・・・・
 
関越道寄居リニューアル テーマ型PA「星の王子さま」  リンク切れ
埼玉新聞

 「星の王子さま」とはまた懐かしいですね。ネクスコ東日本も何かやらねばと考えているのようですね。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

幸福駅から「幸せの手紙」 「日本一周」の女子学生2人

Filed under: 旅行 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年3月11日

 JRの普通、快速列車が1日乗り放題となる「青春18きっぷ」などを利用し日本一周旅行している大学生の久野華子さん(21)=大阪府寝屋川市=と大谷優那さん(20)=横浜市=が10日午前11時、帯広市内の旧国鉄広尾線幸福駅に到着し、旅行中にインターネットなどを通じて全国から集まった手紙に同日の日付入り幸福切符を入れて「幸せの手紙」として発送した。・・・・・・・・・・・・・・
 
全文
幸福駅から「幸せの手紙」 「日本一周」の女子学生2人
十勝毎日新聞

 多くの人に小さくても幸せを届けたいという、奇特な考えの娘さんたち。きっとよい大人になるだろうな。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ