地方紙の楽しい話題を取り上げます


伊豆特産のキイチゴ、全国へ発信 酒や焼き菓子試作好評

Filed under: 植物,産業, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年10月26日

 県伊豆農業研究センター(東伊豆町)は伊豆半島南部に自生するキイチゴを使った商品化に乗り出した。すでに数種類のキイチゴを加工したリキュールやワイン、ジャムなどを試作、消費者アンケートで手応えも得ている。同センターは「さらなる商品開発や販売方法の考案などを一緒に行ってほしい」と協力企業を募集している。
 同センターの武藤浩志上席研究員は「国内で見掛けるキイチゴの多くは、冷凍輸入された果実」と話す。国内ではほとんど生産農家がないという。
 武藤研究員は「そこに商機がある」とみる。下田市周辺などにはイチゴの「紅ほっぺ」と甘みが遜色ない「フユイチゴ」や「モミジイチゴ」など計13種類のキイチゴが自生しているという。
 これらの自生キイチゴを品種改良した上で、伊豆地方の農家で大量生産してもらい、「伊豆特産」として大々的に全国に売り出す計画で、今回のパートナー企業探しはその第一歩。
 同センターは、2009年から伊豆南部のキイチゴの本格調査に着手し、糖度の高い良質なキイチゴを多く見つけた。昨年からは酒やジャムのほか、フユイチゴなどのピューレを加えた白あん入りの焼き菓子を作ったところ、女性に好評だった。
 武藤研究員は「ラズベリーなどが多く消費される欧米に比べ、キイチゴは日本ではあまり食べられていない。伊豆半島から新たな食文化を発信したい」と意気込む。

伊豆半島南部で自生するキイチゴでつくった酒の瓶を手に取る県伊豆農業研究センターの武藤浩志上席研究員=東伊豆町稲取の同センター

 
伊豆特産のキイチゴ、全国へ発信 酒や焼き菓子試作好評
 
静岡新聞

 私は常々なぜキイチゴ(私の場合はモミジイチゴだが)が商品にならないのだろうと考えていた。もちろん生食が美味しいのだが、それは傷みやすさなどで難しいだろうとは思っていましたが。やっとキイチゴを本格的に商品にしようという所が出てきましたね。今後は品種改良して、生食用のキイチゴも作って欲しいものだ。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

「日本一『さくらんぼ』祭り」のPRフラッグを取り付け

Filed under: イベント,植物,産業,,観光,農業, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年6月8日

 23、24の両日、山形市の文翔館などで開く「日本一『さくらんぼ』祭り」メーンイベントに合わせたPR用フラッグが7日、市内の目抜き通りの街路灯に取り付けられた。

 イベントは県内の観光、農業、商工、行政各分野の団体などで組織する、やまがた元気プロジェクト実行委員会(会長・吉村美栄子知事)が開催。「復興のための祈りと祭り」を統一テーマに四季ごとの祭りを計画しており、今回が第1弾となる。

 県職員4人が同市十日町角から文翔館までの約1.2キロの通りにある街路灯約80基にフラッグ(縦80センチ×横37センチ)を取り付けた。サクランボを連想させる赤を基調としたデザインが、往来の多い通りを華やかに彩っている。
 
「日本一『さくらんぼ』祭り」のPRフラッグを取り付け
 
山形新聞

 
 サクランボ好きとしては見逃せません。山形といえど東北です。風評被害もあるでしょう。がんばれ山形。がんばれサクランボ。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

鉄炭団子作り海を浄化、12日に水質改善の可能性探るシンポ/横浜

Filed under: 植物,産業,自然 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月11日

 鉄粉を焼き固めて作る「鉄炭(てつずみ)団子」で海の浄化を目指す動きが全国で進んでいる。海藻や植物プランクトンの生育に必要な鉄分を供給することで豊かな海を取り戻す試みだ。横浜港の水質改善に鉄炭団子を活用する可能性を探るシンポジウムが12日、横浜・みなとみらい21(MM21)地区の日本丸訓練センターで開かれる。

 鉄炭団子は使い終えた使い切りカイロが主な原料。コメで作ったのりで直径5センチ程度の団子状に丸め、焼き固めれば出来上がり。山口県宇部市にある無有産(むーぶ)研究所代表の杉本幹生さん(63)が考案した。

 使用済みカイロは鉄と炭が密着した黒い粒子。水に入れると鉄イオンが発生することに着目した。ホンダワラなどの海藻が鉄イオンを取り込むことで藻場が成長したことを確認。杉本さんによると、水中のリンと結合してリン酸鉄となりアオコの増殖を抑える効果も分かってきたという。

 「海はいわば貧血のような状態」と表現する杉本さんは「不足する鉄分を供給することで酸素を行き渡らせることができ、本来のバランスを取り戻せる」と話す。安価で手軽に作れることから、新潟や富山、佐賀、愛媛の各県でも取り組みが始まった。

 横浜のシンポでは杉本さんが基調講演を行う。NPO法人鶴見川流域ネットワーキング代表理事の岸由二・慶応大教授、金沢八景―東京湾アマモ場再生会議代表の塩田肇・横浜市立大学准教授、池田龍彦・横浜国立大学大学院教授らが水質改善を考える。

 午後1時半から。参加無料で事前申し込み不要。問い合わせは主催の海洋緑化協会電話045(222)3400。

鉄炭団子作り海を浄化、12日に水質改善の可能性探るシンポ/横浜

神奈川新聞社

 
 使い終えた使い切りカイロが主な原料なのですから、エコですね。化学的な部分はちっとも判りませんが、なんだか期待できそうですね。副作用がないといいのですが。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

鳥取大で宇宙カボチャ収穫

Filed under: 天体,植物 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年9月2日

 国際宇宙ステーション「きぼう」で8カ月間過ごした種から栽培された”宇宙カボチャ”が鳥取大学農学部付属フィールドサイエンスセンター(鳥取市湖山町南4丁目)で実り、31日、学生らによって収穫された。通常のカボチャより大きく育ち、種も目標の4倍とれる見込みで、宇宙に滞在した効果ではないかとみられている。

 このカボチャは観賞用のペポカボチャ。種が2008年にスペースシャトル「エンデバー」で宇宙に運ばれ、若田光一さんとともに「きぼう」に滞在。子どもたちに宇宙への夢と希望をはぐくもうと、「パンプキンミッション」として全国16の大学などに種が配布され、増やすために栽培された。

 鳥取大学は、今年3月に15粒をまいた。すべてが発芽し、オレンジや緑色、しま模様、形も丸やひょうたん形などさまざまな実を付けた。通常のペポカボチャは葉の大きさが30センチ四方で、実は約200グラムなのに対し、宇宙カボチャの葉は40センチ四方、実も200~700グラムと一回り大きい。

 8月11日に213個、20日に129個収穫し、31日に残っていた118個を同センターの大学院生や学生ら4人がハサミで切り取った。

 収穫した460個のカボチャの実は涼しい保管室にしばらく置いた後、種を取り出して乾燥させ、同ミッションを実施している国際総合企画(本社・東京)に届ける。

 種は2万粒とれる見込みで、同センターの近藤謙介講師は「種の目標は5千粒。こんなに大きくなったのは予想外。原因は分からないが、宇宙に行ったことが影響しているかもしれない」と話した。
 
鳥取大で宇宙カボチャ収穫  リンク切れ
 
山陰中央新報

 
 「エンデバー」で「パンプキンミッション」なるものが行われていたとは知りませんでした。ただ8カ月間宇宙にいたというだけで、収穫量が増えたというのは、ちょっと因果関係がはっきりしませんので、鵜呑みにはできません。でも、面白い話ではありますね。他の植物などで沢山確かめてみるべきでしょう。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

舳倉島を「海の定点」に 北國新聞社調査団が金沢で報告会 継続調査の重要性強調

Filed under: 動物,植物,野鳥 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年8月29日

 北國新聞社の舳倉島・七ツ島自然環境調査団が2008年から2年にわたって実施した現地調査の成果を紹介する「舳倉島・七ツ島からの手紙」金沢講演会は28日、金沢市の北國新聞交流ホールで約150人が出席して開かれた。調査に携わった各分野の研究者6人が島の現状を伝え、地球環境の変化を観測する「海の定点」として島を位置付け、今後も調査を続けていくべきと強調した。

 藤則雄団長(金大・金沢学院大名誉教授)は、島々の歴史を1500~2000万年前の火山噴火による誕生から説き起こし、気温上昇や漂着物分類のデータを示して島が直面する環境変化に目を向けるよう呼び掛けた。

 田崎和江副団長(金大名誉教授)は、舳倉島で観測された酸性雨がクロマツの枯死をもたらしていることなどを報告し「環境汚染に国境はない」と指摘。一方、調査で発見した汚染物質を吸収する珪(けい)藻(そう)を紹介し、応用の可能性を示した。

 髙木政喜県自然史センター常務理事は、県内唯一のエゾツルキンバイ群落など貴重な種を守るためには、外来種の侵入抑制やメダケなどの定期的な伐採を行う必要があると提案し、富沢章県ふれあい昆虫館長は外来昆虫が島へやって来るさまざまな経路を紹介した。

 日本野鳥の会石川の矢田新平代表は、野鳥約350種が観察できる舳倉島の環境を守るために実施した野良猫の繁殖抑制の取り組みを報告。水野昭憲県立自然史資料館長は七ツ島の生態系を乱すカイウサギの駆除徹底を唱えた。

 引き続き、舳倉島の海女と風景を収めた国連大学メディアスタジオの映像作品「磯笛の聞こえる海」が上映され、副団長の米田満本社論説委員が閉会あいさつした。

 夏休みとあって会場には小中学生の姿も見られた。金沢市科学財団の中学校子どもサイエンスクラブの活動で11日に舳倉島を訪れた清泉中2年の柴田謹宏さん(13)は「遠い国から流れ着く漂着物の話が印象的だった。いろんな話を聞き、もう一度舳倉島を訪れてみたいと思った」と話した。
 
舳倉島を「海の定点」に 北國新聞社調査団が金沢で報告会 継続調査の重要性強調
 
北国新聞

 
 日本海の小さな島にも色々な問題と、大切な事が詰まっているんですね。バーダーには憧れの舳倉島ですからね。大切にしていただきたいです。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

シロの発達状態良好 今秋のマツタケ「豊作」期待

Filed under: 植物,産業,農業, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年8月28日

 県林業総合センターは27日、塩尻市片丘の同センターで開いたマツタケ指導者研修会で、今秋のマツタケ発生予測を発表した。梅雨期を中心に雨が多かったことから、発生地点となるシロの発達状態は良好と判断。地温が下がった後に残暑がなければ、「平年作以上の作柄になると推測される」と見通した。

 センター特産部の竹内嘉江主任研究員は、標高の高い長野県では、春以降の気温が高めに推移し、夏の高温期が長いこと、春から夏の降水量が豊富であることがマツタケ菌根の成熟には好条件になると指摘。「梅雨期の降水量が十分な地域が多く、夏マツタケの発生も良かった」と期待できる状況であることを説明した。

 豊作へのかぎは、地温が19~15度に下がって芽が成長し始めた後に、残暑で地温が再上昇しないこと。「9~10月に定期的な雨があり、地温の再上昇日数が少なければ良い作柄になる」と述べた。

 県内の生産者ら約110人が参加。産地からは「山はそれほど乾いていない。大豊作といかないまでも豊作は期待できる」(豊丘村)、「夏マツタケの発生は昨年より多かったが、8月はほとんど出なかった。秋に関してはまだ分からない」(諏訪市)といった声が聞かれた。

 県産マツタケの年間生産量の平均は約30トン。昨年は9月の残暑と少雨で7.1トンという大不作だった。同センターによると、今年の気象状況などは50.6トンの豊作となった2004年と、26.1トンの平年作だった07年に似ているという。
 
シロの発達状態良好 今秋のマツタケ「豊作」期待
 
長野日報

 その年のマツタケの発生予測を公の場所が行っているとは知りませんでした。豊作になる事を祈っていますが、私の口には入らないでしょう。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

刈り取った水草を飼料化 草津市の建設業者が全国で初の試み

Filed under: 植物,産業,社会 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年8月6日

=県、民間の連携で新しい「地産地消」のモデルへ=
水草が放り込まれる乾燥機(白畑建設の信楽エコフィード製造工場)
◇湖南・草津市
 県は先月から、南湖で異常繁茂しているオオカナダ藻などの水草刈り取り事業を開始しているが、草津市の建設業者はこの除去された水草を乾燥し、家畜の飼料にする全国でも珍しい試みを行っている。新たな「地産地消」のモデルとして注目を集めそうだ。        【石川政実】
 強風を伴う台風が滋賀を襲った昨年十月、大津市の浜大津~由美浜の湖岸を大量の水草が埋め尽くして、悪臭がたちこめた。これは、南湖でオオカナダ藻などの水草が異常繁茂したのが原因だ。南湖で繁茂している水草の総量は、乾燥前で約十万トンと推定されている。
 県は昭和五十二年度から、外郭団体の淡海環境保全財団などに委託して水草の刈り取り事業を実施しているが、一年に刈り取る総量は、自然環境保全課分で約二千トン(乾燥前)に過ぎない。
 今年も先月二十七日から、刈り取り作業が始まっている。刈り取られた水草はこれまで、県が借地料を支払っている近江八幡市津田町地先(沖島漁協の所有地)に敷き詰めて、土壌改良物として利用されていた。しかし実態的には、廃棄処分といえる。
 県が除去した水草を自社の「バイオマス乾燥プラント機」(写真)で乾燥させ、豚など畜産の飼料にできないかと目をつけたのが白畑建設(本社・草津市)。
 陸揚げされた水草を買い取って、信楽エコフィード製造工場(甲賀市信楽町)のバイオマス燃料乾燥炉で乾燥させて飼料化し、畜産農家に販売しようというのだ。
 この乾燥炉は、建築廃材などのリサイクルによる木質チップをバイオマス燃料として利用し燃焼させ、この熱風を乾燥炉に送り込んで、オオカナダ藻などを乾燥処理して飼料にする仕組みである。すでに先月初めから試験的に水草三百トンを乾燥・肥料化しており、今月からいよいよ本格稼動させるという。
 同社環境事業部の大塚正昭・顧問工場長(68)は「この乾燥機の一日の処理能力は、乾燥前の水草なら十五トン、飼料換算では三・七五トンとなる。オオカナダ藻などの水草を乾燥して飼料化するのは全国で初の試みだ。なお飼料の価格は、一トン当たり約二万円程度で、県内の畜産農家などに販売していきたい」と話している。
 刈り取られた水草はこれまで、堆肥(たいひ)化されていたのが、飼料化されることで新たな「地産地消」モデルとして注目を集めそうだ。
 
刈り取った水草を飼料化 草津市の建設業者が全国で初の試み
 
滋賀報知新聞

 
 それが飼料になると判っていれば技術的には難しくはないと思いますね。ただ経費がかかるので今までやらなかったのでしょう。でも、増えすぎて困りものを減らして、それが飼料になるというのですから、ある意味一石二鳥ですね。これはやらない手はないでしょう。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

あぜの雑草対策で芝生に注目

Filed under: 植物,農業 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年7月12日

 のり面を芝生で覆って雑草の繁茂を防ぐ、センチピードグラス植栽への関心が高まっている。病害虫発生の一因となる田畑あぜの雑草対策の省力化が期待される。広島県西部農業技術指導所(東広島市)が安芸高田市高宮町で開いた実演会には農家の人たち約40人が参加した。

 センチピードグラスは東南アジア原産の多年生の芝。同指導所によると、草丈が20~30センチと高く、飛来する雑草の種の接地を防ぐ。

 芝の種は夏なら約2週間で発芽し、地表に沿い茎を3カ月で周囲約2メートルに伸ばす。1、2年で地表を茎で覆い、定着すれば年1回程度の芝刈りだけで管理できるという。

 実演会は6月29日にあり、植栽技術を確立した愛媛県西条市のだるま製紙所が作業した。約500平方メートルの種まきを約10分で終えた。

 のり面処理は防草シートとシバザクラ植栽の併用などがあるが、急傾斜面の植栽は危険も伴う。芝の種吹き付け方式なら、作業費も含め、シバザクラの苗代とほぼ同じくらいの費用で施工可能という。

 地元の用地地区農業生産組合の渡辺義則組合(70)は「中山間地域は、住民の草刈り奉仕で維持する公共用地も多い。芝生活用で負担を減らせるなら有益だ」と実演場所での効果に注目している。

【写真説明】除草を済ませたあぜ端に、種入り溶液を吹き付ける作業の実演会(6月29日、安芸高田市高宮町)
 
あぜの雑草対策で芝生に注目  リンク切れ
 
中国新聞

 
 今農業には興味があります。労働力の割に報われない仕事だと思いますが、決してなくしてはいけない仕事でもあります。ですから、少しでも苦労が減る事は大事なことだと思います。うまくいく事を願います。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

7 月4日に音楽祭 竹富島デイゴを救おう実行委員会

Filed under: 植物,自然 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年6月23日

 竹富島のデイゴを救おう実行委員会(委員長・上勢頭芳徳竹富公民館長)はデイゴヒメコバチの駆除資金造成に向け、7月4日に竹富小中学校グラウンドで「デイゴチャリティー音楽祭」を開催する。21日午前、町役場で会見した上勢頭委員長らは「竹富島のデイゴ再生は全国的に盛り上がっており、心強い。いろいろな取り組みをやってきた集大成として音楽祭を開催し、継続的にデイゴを守るシステムをつくりたい」と音楽祭への協力を求めた。・・・・・・・
 
7 月4日に音楽祭 竹富島デイゴを救おう実行委員会
八重山毎日新聞
 
過去の記事にもこんなのがありました。
デイゴヒメコバチ薬剤駆除スタート 初日は登小西など9本
「デイゴヒメコバチ」被害で防除薬の使用法を指導

 
 デイゴはあの南国独特の赤い花のあの植物ですよね。歌にもある。それがこんな状況にある事を知らなかった。こうして地方紙でも見ない限りなかなか入ってこない情報ですね。
 遠くから成功を祈っています。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

約50種240万輪が咲き乱れ 関西最大の「びわこ箱館山ゆり園」

Filed under: 植物,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年6月21日

◇湖西・高島市
 関西最大の「びわこ箱館山ゆり園」(高島市今津町日置前)が七月三日から、箱館山スキー場の琵琶湖側の丘に開園する。開園期間は八月二十二日まで。
 標高六百メートルの園内までのアクセスは、八人乗りのロープウェイ。琵琶湖の雄大な風景を楽しみながら、ゆったりと山頂まで足を運べる。
 ロープウェイから降りると、総面積五万四百平方メートルの緩やかな丘に、色とりどりのゆり約五十種二百四十万輪が咲き乱れ、その向こうには琵琶湖が一面に広がっている。まるで、湖上の空中散歩をしているような気分にひたれる。・・・・
 
約50種240万輪が咲き乱れ 関西最大の「びわこ箱館山ゆり園」
滋賀報知新聞

 
 全国各地でこのようなユリ園が開催されているようですね。お近くのどこかにもきっとあるのではないでしょうか。見つけて出かけてはいかがでしょうか。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ
Older Posts »