地方紙の楽しい話題を取り上げます


“人馬一体” 騎馬打毬/八戸三社大祭中日

Filed under: イベント,伝統芸能,寺社,文化,歴史,,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年8月3日

 八戸三社大祭は中日の2日、八戸市の長者山新羅神社桜馬場で、伝統武芸の加賀美流騎馬打毬(だきゅう)が行われた。狩り装束をまとった騎馬武者が古式ゆかしい武技を披露し、観客を魅了した。
 加賀美流騎馬打毬は江戸後期の文政10(1827)年、新羅神社に奉納された祭典競技が起源とされる。打毬は現在、同市のほか、宮内庁と山形市にだけ残されている。
 4人ずつ紅白の2組に分かれた騎手は、馬と毬杖(まりづえ)を巧みに操作。人馬一体となって縦横無尽に馬場を駆け回り、ゴールの門に次々と毬を投げ入れた。
 同日は夜間の山車運行も行われ、ライトアップされた山車が市中心街を練り歩いた。
 八戸観光コンベンション協会によると、2日の入り込み数は16万5千人。ディズニーパレードが行われた昨年を6万人下回った。
 (文・松原一茂、写真・大粒来仁)
 
“人馬一体” 騎馬打毬/八戸三社大祭中日
 
デーリー東北新聞社

 
 地方新聞を漁っていないと知り得ない文化が沢山ありますね。これもその一つ。騎馬打毬(だきゅう)は初めて知りました。調べると、ペルシャ起源で、ヨーロッパに渡ってイギリスのポロになり、日本まで伝わって騎馬打毬(だきゅう)になったんですって。ポロと起源が一緒なんですよ。面白い。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

鬼を追い出し厄払い 乙訓の社寺で節分行事

Filed under: イベント,寺社,文化,歴史,,習慣 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月4日

 節分の3日、乙訓地域の社寺では豆まきや厄払いの行事があった。好天に恵まれ、寒さもゆるんだ中、福をもらおうとする多くの人でにぎわった。

 京都府大山崎町大山崎の宝積寺では、今年で1288回目とされる「星供節分会(ほしくせつぶんえ)」が行われ、約500人の参拝者が訪れた。本堂は昨春、シロアリ被害で床が抜け落ちたため応急工事を施し、入場人数を制限した。

 午後2時過ぎ、七福神の衣装や鬼の面をつけた信者ら34人が山門を出発し、本堂に入った。招福を祈願する星供養と追儺(ついな)式が厳かに営まれ、たいまつを持った鬼たちが追い出された。

 続いて修験者が吹くほら貝の音を合図に、福娘姿のOSK日本歌劇団員4人や稚児、七福神にふんした信者による福豆まきが行われた。保育園児からお年寄りまで幅広い年代層の人たちが本堂前を埋め、多くの豆をもらおうと、持参した帽子や袋を広げていた。

 長岡京市天神の長岡天満宮でも節分祭が営まれた。本殿前で暴れた鬼たちは、今年の年男や年女に豆を投げ当てられ退散した。

 特設舞台であった豆まきには、中小路宗俊宮司に加え、プロバスケットボールbjリーグの「京都ハンナリーズ」の2選手が登場。約400人を前に笑顔で「福は内」と声を上げていた。

 向日市向日町の向日神社でも、恒例の「節分祭」が営まれた。氏子や地域の住民らが多数訪れ、厄払いを祈願した。

 午前10時ちょうどに太鼓が打ち鳴らされ、神事が始まった。入りきらないほど多くの参拝者が詰めかけた本殿で、六人部是継宮司が災厄を払う祈とうを行い、福豆などを供え、祝詞を読み上げた。

 神事の後、参拝者は順に神前で手を合わせ、今年一年の無病息災などを祈った。続いて宮司らから一人一人に福豆が授与された。

 初めて節分祭に足を運んだという同市鶏冠井町の主婦五十棲恵子さん(63)は「今年も一年元気で過ごしたいとお祈りしました」と笑顔で話していた。
 
鬼を追い出し厄払い 乙訓の社寺で節分行事

京都新聞

 
 京都は由緒正しい寺社が沢山ありますので、節分の行事もあちこちで盛んのようです。この記事では宝積寺、長岡天満宮、向日神社の節分の話しでしたが、壬生寺や吉田神社も有名ですね。
 福を欲しがる人が多いようですが、福は呼び寄せるものらしいですよ。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

おひつ乗せ しゃなりしゃなり 串本でねんねこ祭り

Filed under: 寺社,歴史,, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年12月7日

 和歌山県串本町田原の木葉神社(井谷正守宮司)で5日、伝統の「ねんねこ祭り」が営まれた。頭におひつを乗せたご飯持ち巫女(みこ)を先頭に朝日遙拝行列があり、鈴一振りごとに一歩ずつ進んだ。
 
 子どもの健康や子孫繁栄、五穀豊穣(ほうじょう)を願う祭りで、県無形民俗文化財に指定されている。
 
 ご飯持ち巫女を務めるのは、田原小2年、宮本雛乃さん(7)。振り袖を着て化粧をした華やかな姿が参拝者らの注目の的となった。拝殿を午前6時に出発。遙拝所までの約150メートルをゆっくりと進み、7時15分に到着すると、おひつを供えて朝日を拝んだ。宮本さんは「しんどかったけど、ちゃんとできて良かった」と喜んだ。
 
 その後、本殿では、かまで沸かした湯でお払いをする湯立ての儀や、子ども巫女の舞があり、拝殿では「子守神事」などユニークな神事が営まれた。
 
おひつ乗せ しゃなりしゃなり 串本でねんねこ祭り
 
紀伊民報

 
 可愛いですね。
 ちょっとユーモラスで、珍しいお祭りですね。面白いけれど、日本人にとっては違和感はありませんね。このような日本人のルーツを探るようなお祭りは是非亡くならないで欲しいものです。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

やっぱり「だくえもん」 不知火諾右衛門、読み方論争に決着

Filed under: スポーツ,伝統芸能,文化,歴史 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年9月16日

 江戸時代の名横綱・不知火諾右衛門について、出身地の宇土市教育委員会が名前の読みを「だくえもん」に統一することが15日、分かった。

 不知火諾右衛門は1801年、現在の宇土市栗崎町生まれ。名前の読みはもともと「だくえもん」で通っていたが、市史編さん委員会の井上正初代委員長が1996年発表した市史研究で「なぎえもん」を提唱。以来、市教委は公的資料やホームページなどで「なぎえもん」としてきた。

 本紙も2008年12月に宇土市で大相撲冬巡業が催された際、諾右衛門の読みを市教委の説に従い「なぎえもん」と掲載。記事を見た子孫の佐久間雅裕さん(48)=熊本市=が「先祖代々『だくえもん』と呼んでいる」と訴え、市教委に訂正を求めていた。

 指摘を受けた市教委は諾右衛門の菩提[ぼだい]寺に問い合わせたほか、県立図書館や肥後細川家永青文庫の資料なども調べたが、読みは分からなかったという。

 市教委は資料発見の見込みは極めて薄いと判断。子孫の思いを考慮し訂正を決めた。佐久間さんには文書で謝罪。今後は市のホームページや広報、印刷物などで、「だくえもん」と振り仮名を付けて周知を進めるという。

 佐久間さんは「読みが訂正されるのは当たり前。正しい読みが知れ渡るように広報してほしい」と話している。(後藤幸樹)
 
やっぱり「だくえもん」 不知火諾右衛門、読み方論争に決着  リンク切れ
 
熊本日日新聞

 
 200年前くらいなのに読み方がわからないんですね。ちょっと不思議な感じがしますが、残された書物に読み仮名なんてふってないでしょうからある意味当然でしょうか。
 こんな時は、子孫の言う事に従うのが自然でしょうね。代々そう呼ばれてきていたのでしょうから。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

遠野物語の魅力じかに ゼミナール、作中舞台巡る

Filed under: 文化,歴史, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年9月6日

 遠野市のNPO法人遠野物語研究所(高柳俊郎所長)主催の「遠野物語ゼミナール2010」は最終日の5日、フィールドワークで同市土淵町などを巡り、約150人の参加者が「現存」する物語の世界を堪能した。

 同町の農業安部志美子さん(83)方では、代々安部家に伝わる「オクナイサマ」を見学した。遠野物語15話には「オクナイサマを祭れば幸(さいわい)多し」とあり、田植えを手伝った神様として紹介されている。

 志美子さんは室内に祭られている身丈約70センチの仏像型のオクナイサマを「小正月の16日におしろいをし、毎年着物を着せ替えている。田植えを手伝ってくれたり、雨降りに洗濯物を家の中に取り込んでくれたりした守り神です」と解説した。

 参加者は「貴重な守り神を見せていただきありがたい」と感謝。志美子さんは「こうして大勢の皆さんに会えるのもオクナイサマのおかげです」と笑顔を見せた。

【写真=安部家に代々伝わるオクナイサマ。田植えを手伝った神様として「遠野物語」に登場する】
 
遠野物語の魅力じかに ゼミナール、作中舞台巡る  リンク切れ
 
岩手日報

 
 柳田國男の遠野物語は昔読んだはずですが、内容までは覚えていません。早池峰山の話が出てきたような。この「オクナイサマ」の名も記憶のどこかにあるようなないような。
 古からの習慣は大事にしたいものです。日本人の原点の一つなのですから。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

過疎地観光を掘り起こせ 京の産学・映画人、今秋NPO設立

Filed under: 歴史,社会,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年7月28日

 過疎地域に眠る自然の魅力や歴史資産を発掘して観光振興を支援するNPO法人を、京都の大学教授や旅行会社OBたちが今秋に設立する。映画関係者でつくるNPO法人「京都映画倶楽部」(京都市右京区)と連携し、自治体をPRする映像作品の制作も手掛ける。産学に京都の映画の力を加え、「観光立国」の後押しを目指す。

 立命館大職員として「一芸入試」などの経営改革に取り組んだ小畑力人・和歌山大観光学部教授が理事長に就く。立命館大や龍谷大、大阪観光大の教授や大手旅行会社OBのほか、京都映画倶楽部の理事長で映画監督の中島貞夫さん(75)も役員に名を連ねる。

 「日本カルチャーツーリズム」と名付けて、6月に設立総会を京都市内で開いた。京都府にNPO法人資格の取得を申請しており、9月に認可される見込みという。

 支援対象は近畿圏の市町村。住民が気付かない観光資産を外部の目線で掘り起こし、国や府県の振興策との連携も模索して広域観光の在り方を提案する。

 依頼があれば、映像業界を志す大学生が京都映画倶楽部の会員の指導で映像を制作する。観光産業への就業を目指す学生も受け入れ、人材も育成する。

 事務局長に就く旅行会社「ツアーランド」(中京区)の社長で京都映画倶楽部理事の岡田栄さん(63)は「疲弊したように見える地方でも、多くが海外から観光客を呼べる豊かな観光資源を秘めている。長い歴史で培った京都の観光力を生かして、過疎地域に活気を吹き込みたい」と話す。
 
過疎地観光を掘り起こせ京の産学・映画人、今秋NPO設立
 
京都新聞

 
 眠る自然の魅力や歴史資産を発掘して観光振興に、というのは京都に限った事ではないと思います。身近にあるけれどその魅力に気付かないもの、そんなものをどんどん探して、観光や教育や産業に結び付ける努力をしたいものです。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

縄文のビーナス、ストラップに 子どもの健康願い配布

Filed under: 文化,歴史,社会 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年7月15日

 茅野市は市内の遺跡から1986(昭和61)年に出土した国宝の土偶「縄文のビーナス」をかたどった携帯電話用ストラップを作った。15日から、母子手帳を受け取りに市の関係施設を訪れた人に配る。土偶が妊娠した女性の姿とされることにちなみ、「子どもが健康に育つように」との願いを込めたという。

 ストラップはひもが15センチ、土偶の人形部分(プラスチック)が3センチの大きさ。もともと、土偶の発掘された同市米沢の土地を所有する精密プラスチック製造会社が「縄文人も同じ場所でものづくりをしていた」との意味を込め、7年ほど前から取引先などに非売品として贈っていた。

 「縄文」をキーワードにしたまちづくりを進める市は、このストラップを妊娠中の女性や出産した女性に贈ることを思い付き、同社から5千個を160万円余で購入した。市内の年間出生者数は500人台で推移しているため、市は縄文に関連した催しでの配布も検討している。

 ストラップは市健康管理センターのほか、市内4カ所の保健福祉サービスセンターで手渡す。対象は4月以降に母子手帳を受け取った家庭。牛山英彦教育長は「親子のきずなをしっかりとはぐくんでほしい」と話している。
 
縄文のビーナス、ストラップに 子どもの健康願い配布   リンク切れ
 
信濃毎日新聞

 
 縄文の土偶のデザインが携帯ストラップですか。この落差が面白いですね。この「縄文のビーナス」を作った縄文人も、何千年後にこんな事になってどんな思いでしょう。なんて考えると楽しいです。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ