地方紙の楽しい話題を取り上げます


禁煙キャラ「のんすもうくん」 岡山大、全面実施前に啓発へ

Filed under: 教育,文化,社会,習慣 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年7月30日

 2014年4月からキャンパスでの全面禁煙をスタートする岡山大は、学生や教職員に関心を高めてもらおうと、推進キャラクターを作った。力士をモチーフにした「のんすもうくん」で、禁煙を呼び掛けるちらしなどに使用する。

 学生、職員から寄せられた76件の中から、教育学部2年鈴木彩音さん(20)の作品を採用した。赤いまわしに禁煙マークをあしらったかわいらしいデザイン。名前は「ノンスモーキング」と「相撲」を掛けた。

 同大は現在、病院があり、既に全面禁煙の鹿田キャンパスを除いて建物内禁煙だが、14年度からは敷地内全ての喫煙スペースを撤去し、喫煙を一切認めない。

 同大は全面禁煙移行に向けて学生と職員らを対象にした禁煙教育を行っているほか、ニコチンパッチを学生に無料配布し“卒煙”支援に力を入れている。

 「のんすもうくん」は応援役で、同大安全衛生部は「学内の掲示板に貼るなど活用して、禁煙ムードを盛り上げたい」としている。
 
禁煙キャラ「のんすもうくん」 岡山大、全面実施前に啓発へ
 
山陽新聞社

 もう大学もここまで来ましたか。それに、ゆるキャラもここまで来ましたか。
 ゆるキャラ嫌いじゃないけど、愛煙家としては寂しいです。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

モルディブ児童に縄跳び 県と国際交流協 協力大使要請受け発送

Filed under: その他,教育,社会 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年3月4日

 インド洋の島国・モルディブ共和国で、県国際協力大使として活動している坂井市三国町出身の田中隆文さん(23)の要請を受け、県と県国際交流協会が募集していた縄跳びの縄が目標を上回り、田中さんの元に送られることになった。福井市宝永三丁目の県国際交流会館で三日、縄や提供者からのメッセージが箱詰めされた。

 田中さんは、二年間の予定で昨年六月に赴任。モルディブ中央部のトッドゥ島にある小学一年から高校一年までが通う学校で、小学一~五年生に体育を教えている。この募集は、縄跳びを授業に取り入れたいという田中さんの要請を受け、昨年十二月から百本を目標に受け付けていた。

 送られるのは百三十六本と、縄跳びの技術の教本四冊。福井市東安居小PTAと同市清水西小の二団体と個人二十七人から贈られた。協会の職員らが、色とりどりの縄と一緒に「なわとびを好きになってくれたら」「使いやすいので、役に立てば」などのメッセージが書かれた紙も箱に詰めた。

 県国際協力大使への物資の送付は、二〇〇二年度に始まり、今回が二十一回目。 (丸山崇志)

 
モルディブ児童に縄跳び 県と国際交流協 協力大使要請受け発送
 
日刊県民福井

 
 年のせいか、こんな暖かな善意の話題になると、涙が出そうになってしまいます。こんな話題はもっと大々的に喧伝されてもいいと思うのですがね。悪いニュースばかりをトップにしないで。その為のこのブログでもあるのですが。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

サッカーアジア杯決勝、市民もトイレ我慢? 水道使用量が一時急増

Filed under: スポーツ,社会 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月1日

 日本勝利の“呼び水に”—。サッカーのアジアカップカタール大会の決勝が行われた30日未明、函館市の水道使用量が一時急増していたことが分かった。ハーフタイムや延長戦前、試合終了後には夜更かしした多くの市民がトイレに駆け込んだのか配水量が急上昇し、「深夜では異例」(市水道局)の乱高下となった。

 市水道局によると、市内中心部を主な配水エリアとする赤川低区浄水場第2配水池(赤川町)では、1時間換算した1分間の配水量がハーフタイム中の30日午前零時51分に830立方メートルと、この時間帯のピークに。試合のなかった前週の同時間と比べると約1・5倍に急増した。

 その後は450立方メートル前後と前週の同時間よりも低く推移し、多くの市民が「トイレを我慢してテレビ観戦に夢中だった」(浄水課職員)とみられる。後半終了後の同1時53分には一転、790立方メートルまで再び跳ね上がり〝第2のピーク〟を迎えた。

 延長戦に突入すると、緊迫した試合に呼応するように小幅な増減を繰り返し、試合終了後の同2時43分には675立方メートルまで上がった。昨年6月のワールドカップ南アフリカ大会でも、日本戦が行われた深夜に同様の傾向がみられた。

 同課によると、夜間の配水量は通常、深夜から未明になるにつれて減少していくが、担当者は「函館でも風呂やトイレを我慢したり、集中してテレビにかじりついたりして声援を送っていたサポーターが多かったのでは」と分析している。(森健太郎)
 
サッカーアジア杯決勝、市民もトイレ我慢? 水道使用量が一時急増
 
函館新聞社

 
 こんな所までアジア杯優勝の影響があるのかと、面白くもあり感心もしました。私も興奮して見ていましたからね。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

宇奈月の実験 次の一手 小水力発電で自動車充電

Filed under: 産業,社会 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年12月6日

CO2カット 取り組み着々
 
 富山県黒部市宇奈月温泉で四日、川の水を利用した小水力発電の実証実験の起動式があった。同温泉街の温泉を利用した温度差発電に続く低炭素化の第二弾。国土交通省の全額補助事業で、来年二月まで実証実験する。(高橋恒夫)
 
 小水力発電が普及するベトナムの発電機を宇奈月公民館裏に設置。宇奈月谷川から取水した毎分二・四トンの水を落差八メートル七〇、全長三十七メートルのパイプを通して発電機に流し、タービンを回す。約二キロワットを発電できる。
 
 カートリッジ式のバッテリーを八時間充電してレンタル用二人乗り電気自動車に搭載すると、約二十五キロ走れる。発電機や電気自動車の購入費など総事業費は約二千五百万円。
 
 この小水力発電は豊富な水資源を使うため、二酸化炭素(CO2)をほとんど出さない。バッテリーは発光ダイオード(LED)照明などにも活用できる。
 
 事業主体のでんき宇奈月プロジェクト実行委員会の大橋聡司委員長らはこの日、発電機のバルブを開いて発電機を起動させた。大橋委員長は「小水力発電で起こした電気を電気自動車の充電に使うのは、全国でも前例のない取り組み。環境にやさしい宇奈月温泉として、さらに取り組みを進めたい」とあいさつした。
 
 黒部市や黒部・宇奈月温泉観光協会などは昨年七月、実行委を設立。一人乗り用電気自動車や電動式自転車の観光客へのレンタル、富山高専と協力した温泉の温度差を利用する発電装置のLED活用といった低炭素型まちづくりを進めている。
 
宇奈月の実験 次の一手 小水力発電で自動車充電  リンク切れ
 
北陸中日新聞

 
 小水力利用と言えば昔の水車ですよね。水車はある特定のものにしか利用のできないものでしたが、それで電力が取れればいろんなものに利用できるという事ですね。後は安定的な水力と、コストの問題ですね。是非成功してほしいです。大きなダムではない水力利用を。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

女性海保ファン「巡子さん」急増 映画などで影響

Filed under: 社会 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年8月30日

 映画や人気マンガなどの影響で海上保安庁の女性ファンが増えている。巡視艇入港の情報を聞きつけて、全国どこへでも足を運ぶ彼女たちは、鉄道好きの「鉄子」さんにならって「巡子(じゅんこ)」さんと呼ばれる。なぜ今、海上保安庁なのか? 神戸に集まった巡子さんたちにその魅力を聞いた。(前川茂之)

 第5管区海上保安本部(神戸)によると、海保主催のイベントに女性ファンが目立ち始めたのは2004年ごろから。映画やドラマにもなったマンガの「海猿」や「トッキュー!!」などが人気を呼び、一気にすそ野が広がった。

 「制服姿がきりっとしててかっこいい。生まれ変わったら絶対、海上保安官になりたい」と話すのは神戸市西区の女性会社員(30)。約5年前にテレビでドラマ「海猿」を見て以来、その魅力に取り付かれた。「人のために命をかける仕事。今どきの草食系男子と違って、いざというとき、守ってくれるたくましさがある」とも。

 今月21日、神戸市中央区の新港第1突堤で開かれた同庁の航路標識測定船「つしま」(1706トン)の船内見学会では家族連れのほか、カメラを持った女性の姿が目立った。30代前半という同市灘区の女性会社員は「マンガで見た船と一緒」と大はしゃぎ。若い男性保安官と一緒に敬礼姿で記念写真に納まった。

 宝塚市の主婦(46)は娘(20)と親子で乗船。やはりドラマをきっかけに海保ファンになった2人は、海上保安官との交流を目的に1988年に結成された「海上保安友の会」にも入会し、巡視艇の入港予定や海保主催のイベントをこまめにチェックする。

 海上保安庁は保安官の役割をより深く知ってもらおうと今年、広報を強化するプロジェクトチームを結成。9月には映画「海猿」の最新作が公開されることもあり、「巡子さんの力をお借りして存在感を高めたい」としている。
 
女性海保ファン「巡子さん」急増 映画などで影響
 
神戸新聞

 
 鉄道マニアの女性の「鉄子さん」にならって、海上保安庁の巡視艇マニアの女性を「巡子さん」と呼ぶのですか。初めて知りました。確かに映画の「海猿」が流行っているのは知っていますが、それらから海上保安庁の仕事に女性ファンが付くとは・・・・現代は何が流行るか予想できませんね。でも、ちょっと面白い現象ですね。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

刈り取った水草を飼料化 草津市の建設業者が全国で初の試み

Filed under: 植物,産業,社会 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年8月6日

=県、民間の連携で新しい「地産地消」のモデルへ=
水草が放り込まれる乾燥機(白畑建設の信楽エコフィード製造工場)
◇湖南・草津市
 県は先月から、南湖で異常繁茂しているオオカナダ藻などの水草刈り取り事業を開始しているが、草津市の建設業者はこの除去された水草を乾燥し、家畜の飼料にする全国でも珍しい試みを行っている。新たな「地産地消」のモデルとして注目を集めそうだ。        【石川政実】
 強風を伴う台風が滋賀を襲った昨年十月、大津市の浜大津~由美浜の湖岸を大量の水草が埋め尽くして、悪臭がたちこめた。これは、南湖でオオカナダ藻などの水草が異常繁茂したのが原因だ。南湖で繁茂している水草の総量は、乾燥前で約十万トンと推定されている。
 県は昭和五十二年度から、外郭団体の淡海環境保全財団などに委託して水草の刈り取り事業を実施しているが、一年に刈り取る総量は、自然環境保全課分で約二千トン(乾燥前)に過ぎない。
 今年も先月二十七日から、刈り取り作業が始まっている。刈り取られた水草はこれまで、県が借地料を支払っている近江八幡市津田町地先(沖島漁協の所有地)に敷き詰めて、土壌改良物として利用されていた。しかし実態的には、廃棄処分といえる。
 県が除去した水草を自社の「バイオマス乾燥プラント機」(写真)で乾燥させ、豚など畜産の飼料にできないかと目をつけたのが白畑建設(本社・草津市)。
 陸揚げされた水草を買い取って、信楽エコフィード製造工場(甲賀市信楽町)のバイオマス燃料乾燥炉で乾燥させて飼料化し、畜産農家に販売しようというのだ。
 この乾燥炉は、建築廃材などのリサイクルによる木質チップをバイオマス燃料として利用し燃焼させ、この熱風を乾燥炉に送り込んで、オオカナダ藻などを乾燥処理して飼料にする仕組みである。すでに先月初めから試験的に水草三百トンを乾燥・肥料化しており、今月からいよいよ本格稼動させるという。
 同社環境事業部の大塚正昭・顧問工場長(68)は「この乾燥機の一日の処理能力は、乾燥前の水草なら十五トン、飼料換算では三・七五トンとなる。オオカナダ藻などの水草を乾燥して飼料化するのは全国で初の試みだ。なお飼料の価格は、一トン当たり約二万円程度で、県内の畜産農家などに販売していきたい」と話している。
 刈り取られた水草はこれまで、堆肥(たいひ)化されていたのが、飼料化されることで新たな「地産地消」モデルとして注目を集めそうだ。
 
刈り取った水草を飼料化 草津市の建設業者が全国で初の試み
 
滋賀報知新聞

 
 それが飼料になると判っていれば技術的には難しくはないと思いますね。ただ経費がかかるので今までやらなかったのでしょう。でも、増えすぎて困りものを減らして、それが飼料になるというのですから、ある意味一石二鳥ですね。これはやらない手はないでしょう。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

口蹄疫復興を支援 旅行業者が「送客」作戦

Filed under: 旅行,社会 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年7月30日

 口蹄疫で経済的打撃を受けている本県を支援しようと、旅行業大手が県外から本県に観光客を送り込む「送客」キャンペーンをスタートさせた。

 非常事態宣言解除に合わせ、JTB(東京都)など10社程度が旅行商品を販売、または企画中。県外客が実際に本県を訪れ、復興に向けて頑張っている姿を見ることで、風評被害をぬぐい去る効果も。地元への経済波及と合わせ、関係者は一石二鳥の効果に期待を寄せている。

 みやざき観光コンベンション協会によると、これまでも旅行業界は地震など自然災害後に、被災地の観光業を支援するための復興キャンペーンを実施。最近では岩手・宮城内陸地震(2008年)、新潟県中越沖地震(07年)で同様の試みがあった。今回は旅行業大手10社ほどが夏場限定や年度内いっぱいのキャンペーンを企画。同協会は8、9月で観光客2万5千人の来県を見込んでいる。

(詳細は30日付朝刊、または携帯サイトで)

【写真】みやざき観光コンベンション協会が企画した「来て! みて! 宮崎」キャンペーン」のロゴマークとチラシ=29日午後、みやざき観光コンベンション協会
 
口蹄疫復興を支援 旅行業者が「送客」作戦
 
宮崎日日新聞社

 
 商魂逞しいというなかれ。どんな事でも困っている人の助けになればいいのだから。何もしない私より・・・・?反省。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

過疎地観光を掘り起こせ 京の産学・映画人、今秋NPO設立

Filed under: 歴史,社会,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年7月28日

 過疎地域に眠る自然の魅力や歴史資産を発掘して観光振興を支援するNPO法人を、京都の大学教授や旅行会社OBたちが今秋に設立する。映画関係者でつくるNPO法人「京都映画倶楽部」(京都市右京区)と連携し、自治体をPRする映像作品の制作も手掛ける。産学に京都の映画の力を加え、「観光立国」の後押しを目指す。

 立命館大職員として「一芸入試」などの経営改革に取り組んだ小畑力人・和歌山大観光学部教授が理事長に就く。立命館大や龍谷大、大阪観光大の教授や大手旅行会社OBのほか、京都映画倶楽部の理事長で映画監督の中島貞夫さん(75)も役員に名を連ねる。

 「日本カルチャーツーリズム」と名付けて、6月に設立総会を京都市内で開いた。京都府にNPO法人資格の取得を申請しており、9月に認可される見込みという。

 支援対象は近畿圏の市町村。住民が気付かない観光資産を外部の目線で掘り起こし、国や府県の振興策との連携も模索して広域観光の在り方を提案する。

 依頼があれば、映像業界を志す大学生が京都映画倶楽部の会員の指導で映像を制作する。観光産業への就業を目指す学生も受け入れ、人材も育成する。

 事務局長に就く旅行会社「ツアーランド」(中京区)の社長で京都映画倶楽部理事の岡田栄さん(63)は「疲弊したように見える地方でも、多くが海外から観光客を呼べる豊かな観光資源を秘めている。長い歴史で培った京都の観光力を生かして、過疎地域に活気を吹き込みたい」と話す。
 
過疎地観光を掘り起こせ京の産学・映画人、今秋NPO設立
 
京都新聞

 
 眠る自然の魅力や歴史資産を発掘して観光振興に、というのは京都に限った事ではないと思います。身近にあるけれどその魅力に気付かないもの、そんなものをどんどん探して、観光や教育や産業に結び付ける努力をしたいものです。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

ブログ発、洋野の魅力 麦沢さん観光PRに一役買う

Filed under: 文化,社会,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年7月26日

 洋野町種市の自営業麦沢忠美さん(51)のブログ「岩手県洋野町 発信」が町のPRに一役買っている。開始から2年以上毎日更新を欠かさず、累計アクセス数が28万件を突破。町のイベントや旬の話題について多くの写真を交えて紹介し、県内外に町の魅力を発信している。

 ブログは2008年3月スタートした。開始以来、1日当たりのアクセス数は着実に伸びており、現在1日延べ400~500件。東北地域の人気ブログランキング(@With運営)で常に上位をキープし人気を集めている。

 たねいちウニまつりなどの大きなイベントからローカル話題まで幅広く取材。イベントの告知も手厚く、パンフレットや写真で会場までのルートを分かりやすく説明している。

 そのほか、町内の施設や食堂の新メニュー、旬の海産物を取り上げたり、趣味のマラソンやサイクリングの途中で見かけた四季の風景も紹介する。

 知名度が上がっており、最近は取材依頼が来るようになったほか、ブログを見てイベントに来たという人もいるという。

 町水産商工課の久保田藤男課長は「本来町がもっと観光PRに力を入れていかなければならないが現状では難しく、大変ありがたい」と感謝する。

 パソコン指導や修理業を営む傍らブログを更新する麦沢さんは「町内外のたくさんの人に見てもらい、さらに洋野町をPRしていきたい」と意欲を見せる。

 「岩手県洋野町 発信」のアドレスはhttp://blog.tsdo.net/
【写真㊧=自宅でパソコンに向かう麦沢忠美さん】
【写真㊨=洋野町の魅力を多彩にPRするブログ「岩手県洋野町 発信」】
 
ブログ発、洋野の魅力 麦沢さん観光PRに一役買う  リンク切れ
 
岩手日報

 
 これは面白い試みだと思います。確かに毎日更新は時間的に大変でしょうし、個人の負担になるのもちょっとどうかと思いますが、その努力と効果を比べたら効果の方が大きいのではないでしょうか。
 ブログやホームページをやっている人間としてはちょっと魅力的なブログだと思います。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

真夏の雪に歓声

Filed under: 社会,自然,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年7月22日

 大規模長期食糧備蓄基地構想推進協議会(会長・林光繁道経連副会長)の「真夏の赤れんが雪冷房体験会」が21日、道庁赤れんが庁舎前で始まった。23日まで。

 空知管内沼田町で貯蔵した30立方メートル、約15トンの雪を搬入。雪を利用した冷房装置でテント内を冷やし、来場者に体験してもらう。雪で貯蔵した帯広畜産大のイモ、沼田町の米などの試食・販売会も開く。

 初日は蒸し暑く、訪れた観光客や幼稚園児たちはひんやりとした雪の感触に大喜び。冷房装置のテント内で暑さを逃れていた。同協議会では「雪冷房は空気が乾燥しないので貯蔵だけではなく、人間の体にも優しい」と話していた。
 
真夏の雪に歓声
 
十勝毎日新聞

 
 もちろん、雪の多い地方の方はみなさん考えているのでしょうが、この雪を大規模に夏に活用する方法無いですかね。この記事のように小規模に活用している所は時々聞きますが、もっともっと活用できるような気がするのですが・・・・・。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ
Older Posts »