地方紙の楽しい話題を取り上げます


“人馬一体” 騎馬打毬/八戸三社大祭中日

Filed under: イベント,伝統芸能,寺社,文化,歴史,,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年8月3日

 八戸三社大祭は中日の2日、八戸市の長者山新羅神社桜馬場で、伝統武芸の加賀美流騎馬打毬(だきゅう)が行われた。狩り装束をまとった騎馬武者が古式ゆかしい武技を披露し、観客を魅了した。
 加賀美流騎馬打毬は江戸後期の文政10(1827)年、新羅神社に奉納された祭典競技が起源とされる。打毬は現在、同市のほか、宮内庁と山形市にだけ残されている。
 4人ずつ紅白の2組に分かれた騎手は、馬と毬杖(まりづえ)を巧みに操作。人馬一体となって縦横無尽に馬場を駆け回り、ゴールの門に次々と毬を投げ入れた。
 同日は夜間の山車運行も行われ、ライトアップされた山車が市中心街を練り歩いた。
 八戸観光コンベンション協会によると、2日の入り込み数は16万5千人。ディズニーパレードが行われた昨年を6万人下回った。
 (文・松原一茂、写真・大粒来仁)
 
“人馬一体” 騎馬打毬/八戸三社大祭中日
 
デーリー東北新聞社

 
 地方新聞を漁っていないと知り得ない文化が沢山ありますね。これもその一つ。騎馬打毬(だきゅう)は初めて知りました。調べると、ペルシャ起源で、ヨーロッパに渡ってイギリスのポロになり、日本まで伝わって騎馬打毬(だきゅう)になったんですって。ポロと起源が一緒なんですよ。面白い。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

「日本一『さくらんぼ』祭り」のPRフラッグを取り付け

Filed under: イベント,植物,産業,,観光,農業, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年6月8日

 23、24の両日、山形市の文翔館などで開く「日本一『さくらんぼ』祭り」メーンイベントに合わせたPR用フラッグが7日、市内の目抜き通りの街路灯に取り付けられた。

 イベントは県内の観光、農業、商工、行政各分野の団体などで組織する、やまがた元気プロジェクト実行委員会(会長・吉村美栄子知事)が開催。「復興のための祈りと祭り」を統一テーマに四季ごとの祭りを計画しており、今回が第1弾となる。

 県職員4人が同市十日町角から文翔館までの約1.2キロの通りにある街路灯約80基にフラッグ(縦80センチ×横37センチ)を取り付けた。サクランボを連想させる赤を基調としたデザインが、往来の多い通りを華やかに彩っている。
 
「日本一『さくらんぼ』祭り」のPRフラッグを取り付け
 
山形新聞

 
 サクランボ好きとしては見逃せません。山形といえど東北です。風評被害もあるでしょう。がんばれ山形。がんばれサクランボ。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

備後一宮・吉備津神社で「ほら吹き神事」

Filed under: イベント,寺社,文化, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月5日

 福山市新市町宮内、備後一宮・吉備津神社で3日夜、節分祭の一環で伝統の「ほら吹き神事」が行われ、同神事保存会の会員らが世相を鋭く風刺したユニークなほら話で会場を盛り上げた。

 会員ら10人が特設ステージに登場し、約千人(同神社発表)の前で順番に披露。ある男性は匿名でランドセルなどを贈る“タイガーマスク運動”に触れ、「1億円を手に入れたけど、そんなに高いランドセルはないので小切手で寄付した」と述べた。ユーモアあふれる話の数々に場内は笑いに包まれた。

 同神事は鎌倉時代のころ、節分の夜に自慢話などで一夜を語り明かしたことが起源とされている。
 
備後一宮・吉備津神社で「ほら吹き神事」
 
山陽新聞社

 
 世の中には変わった祭りがあるものですね。こんなのを見つけると、このブログをやってて良かったと思います。管理人もほら話は好きです。時々ほら吹きます。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

鬼を追い出し厄払い 乙訓の社寺で節分行事

Filed under: イベント,寺社,文化,歴史,,習慣 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月4日

 節分の3日、乙訓地域の社寺では豆まきや厄払いの行事があった。好天に恵まれ、寒さもゆるんだ中、福をもらおうとする多くの人でにぎわった。

 京都府大山崎町大山崎の宝積寺では、今年で1288回目とされる「星供節分会(ほしくせつぶんえ)」が行われ、約500人の参拝者が訪れた。本堂は昨春、シロアリ被害で床が抜け落ちたため応急工事を施し、入場人数を制限した。

 午後2時過ぎ、七福神の衣装や鬼の面をつけた信者ら34人が山門を出発し、本堂に入った。招福を祈願する星供養と追儺(ついな)式が厳かに営まれ、たいまつを持った鬼たちが追い出された。

 続いて修験者が吹くほら貝の音を合図に、福娘姿のOSK日本歌劇団員4人や稚児、七福神にふんした信者による福豆まきが行われた。保育園児からお年寄りまで幅広い年代層の人たちが本堂前を埋め、多くの豆をもらおうと、持参した帽子や袋を広げていた。

 長岡京市天神の長岡天満宮でも節分祭が営まれた。本殿前で暴れた鬼たちは、今年の年男や年女に豆を投げ当てられ退散した。

 特設舞台であった豆まきには、中小路宗俊宮司に加え、プロバスケットボールbjリーグの「京都ハンナリーズ」の2選手が登場。約400人を前に笑顔で「福は内」と声を上げていた。

 向日市向日町の向日神社でも、恒例の「節分祭」が営まれた。氏子や地域の住民らが多数訪れ、厄払いを祈願した。

 午前10時ちょうどに太鼓が打ち鳴らされ、神事が始まった。入りきらないほど多くの参拝者が詰めかけた本殿で、六人部是継宮司が災厄を払う祈とうを行い、福豆などを供え、祝詞を読み上げた。

 神事の後、参拝者は順に神前で手を合わせ、今年一年の無病息災などを祈った。続いて宮司らから一人一人に福豆が授与された。

 初めて節分祭に足を運んだという同市鶏冠井町の主婦五十棲恵子さん(63)は「今年も一年元気で過ごしたいとお祈りしました」と笑顔で話していた。
 
鬼を追い出し厄払い 乙訓の社寺で節分行事

京都新聞

 
 京都は由緒正しい寺社が沢山ありますので、節分の行事もあちこちで盛んのようです。この記事では宝積寺、長岡天満宮、向日神社の節分の話しでしたが、壬生寺や吉田神社も有名ですね。
 福を欲しがる人が多いようですが、福は呼び寄せるものらしいですよ。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

おひつ乗せ しゃなりしゃなり 串本でねんねこ祭り

Filed under: 寺社,歴史,, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年12月7日

 和歌山県串本町田原の木葉神社(井谷正守宮司)で5日、伝統の「ねんねこ祭り」が営まれた。頭におひつを乗せたご飯持ち巫女(みこ)を先頭に朝日遙拝行列があり、鈴一振りごとに一歩ずつ進んだ。
 
 子どもの健康や子孫繁栄、五穀豊穣(ほうじょう)を願う祭りで、県無形民俗文化財に指定されている。
 
 ご飯持ち巫女を務めるのは、田原小2年、宮本雛乃さん(7)。振り袖を着て化粧をした華やかな姿が参拝者らの注目の的となった。拝殿を午前6時に出発。遙拝所までの約150メートルをゆっくりと進み、7時15分に到着すると、おひつを供えて朝日を拝んだ。宮本さんは「しんどかったけど、ちゃんとできて良かった」と喜んだ。
 
 その後、本殿では、かまで沸かした湯でお払いをする湯立ての儀や、子ども巫女の舞があり、拝殿では「子守神事」などユニークな神事が営まれた。
 
おひつ乗せ しゃなりしゃなり 串本でねんねこ祭り
 
紀伊民報

 
 可愛いですね。
 ちょっとユーモラスで、珍しいお祭りですね。面白いけれど、日本人にとっては違和感はありませんね。このような日本人のルーツを探るようなお祭りは是非亡くならないで欲しいものです。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

峠の国盗り綱引き合戦開く

Filed under: イベント, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年10月26日

 飯田市南信濃と浜松市水窪の青年同士が「国境」の領土拡大をかけて綱引きで争う第24回「峠の国盗り綱引き合戦」が24日、長野、静岡両県境の「兵越峠」(標高1168メートル)で開かれた。信州軍は4年ぶりに勝利した昨年の勢いに乗って連勝を目指したが、力及ばず敗戦。通算成績は12勝12敗の五分となり、遠州側に1メートル食い込んでいた国境も元に戻された。
 
 戦国大名の武田信玄が、遠州攻略の際に進んだとされる兵越峠を舞台に、1987(昭和62)年に旧南信濃村と旧水窪町の両商工会青年部が地域おこしイベントとして始めた。現在は後身の飯田商工会議所遠山郷支部青年部と天竜商工会青年部水窪支部が主催している。
 
 ことしは三遠南信地域の交流促進も狙いに、大将役の飯田市の牧野光朗市長、浜松市の鈴木康友市長に加えて、行事役として愛知県豊橋市の佐原光一市長が初参加。陣羽織姿の3市長がそろい踏みで登場した。
 
 飯田、浜松の両市などから駆けつけた観客らが声援を送る中、両軍12人ずつの国盗り3本勝負の火ぶたが切って落とされた。1本目に完敗の信州軍は2本目も瀬戸際まで引き寄せられたが、懸命の巻き返しで勝利。何とか3本目に持ち込んだものの、防戦の末に余力尽きた。
 
 今回は男女と体重、勝負時間も「制限なし」で実施した。遠州軍は体重100キロ超級を数人そろえたが、信州軍は0人。悔し涙を拭った飯田商工会議所遠山郷支部青年部の大屋敷和彦部長(42)は「2本目は意地で盛り返せたが、最後に自力の差が出た。来年は圧勝してリベンジを果たす」と雪辱を誓っていた。
 
 合戦後、遠州側に1メートル食い込んでいた「国境」の看板を実際の県境と同じ位置へと移動。信州軍は過去に1回も国内への侵入を許していないだけに、関係者たちは早くも来年に向け気合をたぎらせていた。
 
 牧野市長は「過去最高の名勝負」と健闘をたたえ「豊橋市の参加で、三遠南信の絆がますます深まる」と期待。浜松市の鈴木市長は「来年は浜松市制100周年でもあり、信州側に足を踏み入れたい」と早くも勝利をもくろみ、笑いを誘った。行事を担った豊橋市の佐原市長は「両軍の心意気を間近で感じることができた。我々も来年以降の登場(協力)方法を考えなくては」と話していた。
 
峠の国盗り綱引き合戦開く
 
南信州新聞

 
 これは以前テレビでも見た気がします。しかし僅かですが、国境争いをこのようなイベントで解決してしまうのですから素晴らしい。どこぞの国と国の領土争いの醜さを見ていると、なおさら美しく見えますね。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

遠野物語の魅力じかに ゼミナール、作中舞台巡る

Filed under: 文化,歴史, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年9月6日

 遠野市のNPO法人遠野物語研究所(高柳俊郎所長)主催の「遠野物語ゼミナール2010」は最終日の5日、フィールドワークで同市土淵町などを巡り、約150人の参加者が「現存」する物語の世界を堪能した。

 同町の農業安部志美子さん(83)方では、代々安部家に伝わる「オクナイサマ」を見学した。遠野物語15話には「オクナイサマを祭れば幸(さいわい)多し」とあり、田植えを手伝った神様として紹介されている。

 志美子さんは室内に祭られている身丈約70センチの仏像型のオクナイサマを「小正月の16日におしろいをし、毎年着物を着せ替えている。田植えを手伝ってくれたり、雨降りに洗濯物を家の中に取り込んでくれたりした守り神です」と解説した。

 参加者は「貴重な守り神を見せていただきありがたい」と感謝。志美子さんは「こうして大勢の皆さんに会えるのもオクナイサマのおかげです」と笑顔を見せた。

【写真=安部家に代々伝わるオクナイサマ。田植えを手伝った神様として「遠野物語」に登場する】
 
遠野物語の魅力じかに ゼミナール、作中舞台巡る  リンク切れ
 
岩手日報

 
 柳田國男の遠野物語は昔読んだはずですが、内容までは覚えていません。早池峰山の話が出てきたような。この「オクナイサマ」の名も記憶のどこかにあるようなないような。
 古からの習慣は大事にしたいものです。日本人の原点の一つなのですから。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

ボゼ駆け回り厄払う 十島村悪石島

Filed under: 文化, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年8月26日

 十島村悪石島に25日夕、盆行事を締めくくる仮面神ボゼが現れ、集落を駆け回り人々の厄を払った。島民やツアー客ら約160人が沸いた。
公民館前広場での盆踊りが終わると夕立もやみ、太鼓と掛け声を合図に2方向からボゼが登場した。赤茶と黒のしま模様の顔には、大きな口と長い鼻。ビロウの葉をまとった4体が暴れ回った。
赤土を塗った「マラ棒」で泥を付けようと人々を追い、悲鳴と歓声が上がった。約10分後、太鼓に合わせ去った。東京から訪れた中井朋美さん(26)は「信仰が生きていることに感銘を受けた」と話した。
ボゼは盆の最終日、旧暦7月16日に悪霊を払い豊穣(ほうじょう)と繁栄を祈る来訪神。県の無形民俗文化財に指定されている。
 
ボゼ駆け回り厄払う 十島村悪石島
 
南日本新聞

 
 写真を見ると、南方系の仮面のようですね。南方から伝わったものかもしれませんね。
 今でも普通にこのような習慣が残っているのは素晴らしいですね。いつまでも残ってほしい。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

浴衣姿でイベント満喫/宮古島夏まつり 3通り商店街 歩行者天国にぎわう

Filed under: ,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年7月25日

23 日に開幕した夏の祭典「宮古島夏まつり2010」(主催・同まつり実行委員会2010)。平良の中心市街地の西里・市場・下里の3通りは歩行者天国となり、大勢の市民や観光客らでにぎわった。子どもから大人までが開放的な気分で涼しげな表情を見せ、初日の趣向を凝らしたイベントを満喫した。
 
 普段は車両の交通量の多い3通りは、午後6時から交通規制され、歩行者天国となった。浴衣姿の家族連れやうちわを手にした若者たちがどっと訪れ熱気に包まれた。
 3通りの両側には、飲食物販売の屋台などがずらりと並び、かき氷やわたあめ、焼き鳥などが飛ぶように売れた。
 人気イベントの一つがちびっ子駅伝大会。子どもたちの力走に、友人や父母らが大きな声援を送った。
 一方、路上アトラクションでは、子どもたちが「宮古まもる君」の歌に合わせて元気いっぱいに踊りを披露。大勢の観客は、大きな拍手を送った。
 また書道パフォーマンスの特設会場周辺は黒山の人だかり。女性たちが音楽に合わせて、威勢良く書き始めると「オーッ」と歓声が上がった。
 
浴衣姿でイベント満喫/宮古島夏まつり 3通り商店街 歩行者天国にぎわう
 
宮古毎日新聞

 
 宮古島と言えば今はやはり「レギュラー」の二人でしょう。この祭でも活躍したのかな。「宮古まもる君」も出動したようだし。
 「レギュラー」のブログを見つけましたので、紹介しておきます。
 「ひとつ宿の下-レギュラー夢来人(むらびと)奮闘記in宮古島-」
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

灯ろうと手筒、光の共演 静岡・巴川

Filed under: 文化,,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年7月17日

 静岡市清水区の夏の夜を彩る「巴川灯ろうまつり」(同実行委員会主催)が16日夜、巴川下流で行われた。
 夕暮れとともに稚児橋、万世橋、港橋などの流し場から次々に灯ろうが送り出され、住民が祖先への思いや無病息災の願いを込めた約3800個の明かりがゆらゆらと川面を照らした。
 今年は初の試みとして稚児橋の上で「郷島煙火保存会」=同市葵区郷島=による手筒花火が奉納され、「静」と「動」の幻想的な光の共演を、浴衣姿の親子連れが見守った。
 
灯ろうと手筒、光の共演 静岡・巴川  リンク切れ
 
静岡新聞

 
 夏ですね。いろんな所で灯籠流しが行われるでしょう。でも・・・・清水の巴川・・・・といえば、「ちびまる子ちゃん」の場所じゃないですか。感慨深い。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ
Older Posts »