地方紙の楽しい話題を取り上げます


日本伝統工芸展が開幕

Filed under: 伝統工芸,芸術 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年12月9日

 人間国宝(重要無形文化財保持者)から気鋭の新進作家までの作品を集めた「第57回日本伝統工芸展」(島根県立美術館、山陰中央新報社など主催)が8日、松江市の島根県立美術館で開幕した。日本の風土が育んできた伝統の技を生かし、「用の美」を追求した約300点の逸品が、工芸ファンを魅了している。26日まで。
 
 同展は全国12会場を巡回し、松江展は9回目の開催。陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の7部門で、人間国宝が手掛けた44作品をはじめ、山陰両県在住の作家の作品など計290点を展示している。
 
 新たに人間国宝になった5人も出品。伝統的な織物技法・紋紗(もんしゃ)で認定された岐阜県関市の土屋順紀さん(56)の紋紗着物「妙音」は、自然染料の繊細な色を使い分け、爽快(そうかい)感を演出している。
 
 山陰両県からは島根5人、鳥取5人の10人が出展。2年連続3度目の入選を果たした島根県東出雲町上意東の浜田幸介さん(25)の入選作「欅造拭漆盛器(けやきづくりふきうるしもりき)」は、木目の良さを際立たせている。
 
 開幕式で、同館の副島三喜男館長が「作品の優雅さを感じてほしい」とあいさつ。関係者がテープカットし、開幕を告げた。初日から多くの来場者があり、伝統工芸の粋を集めた作品を堪能した。
 
 会期中は無休。週末を中心に、出品作家が作品を解説するギャラリートークを開催する。19日午後2時からは、人間国宝の村山明さん(木工芸)を招き記念講演会がある。
 
日本伝統工芸展が開幕
 
山陰中央新報

 
 「第57回日本伝統工芸展」って、国体のように持ち回りでやっているんでしょうか。近くであれば見に行きたいですね。
 年をとったせいか、伝統工芸品にはかなり興味が湧いてきました。特に焼き物と木工品は好きですね。ちょっと自分でもやってみたい。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

アート通じ交流を 小豆島で作品展 東京芸術大院生ら

Filed under: 芸術,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年8月10日

 小豆島芸術家村(小豆島町蒲野)の招へい作家や、東京芸術大のアーティストたちによる作品展「小豆島AIRアートプロジェクト展」が10日、小豆島の三都半島一帯で開幕する。22日まで。

 県、小豆島、土庄両町でつくる運営委が、2001年から島内で小中学生らを対象にワークショップを開いている同大に協力を呼び掛け初めて企画した。

 09年以降、芸術家村で創作に励んだ作家8人と、同大の教員や大学院生ら14人が、小豆島の自然を生かした作品を制作、展示する。

 中国・北京市出身で同大大学院博士課程の康〓(かんに)さん(29)は、小豆島の風景写真にアニメキャラクターのガンダムやUFOなどをパソコン加工でコラージュした絵はがきを作成。住民に感想を記してもらいバス停などに展示する。

 同大大学院修士課程の升谷絵里香さん(29)は、小豆島町神浦の浜辺に15個のラジコンボートを浮かべて動画を撮影。ボートがロープで島を引っ張る映像作品を作った。

 観覧無料。期間中は池田港から作品巡りのマイクロバスを運行する。問い合わせは小豆島町社会教育課(0879―82―7015)。

※〓は女へんに尼
 
アート通じ交流を 小豆島で作品展 東京芸術大院生ら
 
山陽新聞社

 
 地域を活性化させる試みがあちこちで行われていますね。これもその一つでしょう。近くにあれば見に行くのにな、とちょっと残念です。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

明石准教授(福井大大学院)が受賞 米照明学会のデザイン賞

Filed under: 芸術 — フクロウの小耳 @ 2010年1月15日

明石准教授(福井大大学院)が受賞 米照明学会のデザイン賞  リンク切れ
 
国防総省 同時テロ追悼施設

 米国の照明研究者による学会が優秀なデザインに贈る賞に、福井大大学院の明石行生准教授らが設計を担当した米バージニア州のメモリアルパークの照明が選ばれた。同公園は、二〇〇一年の米同時多発テロで、ワールド・トレード・センターとともに多数の犠牲者が出た米国防総省の西隣に造られた。照明は、公園のシンボルとして、平和を願う市民に親しまれている。 (笠松俊秀)

 この賞は、照明学会IES主催のイルミネーション・アワーズ2009。関係者によると、世界中の優れた照明デザインを対象に選考され、受賞すると工業デザイン界で評価が高まる。日本人では、石井幹子(もとこ)さんのデザインなどが受賞している。
 今回は十点が受賞。日本人がかかわったのは、明石准教授らの一点だけだった。
 受賞したのは、地面に埋め込まれた照明と、その上に置かれたオブジェを組み合わせたユニットが、百八十四個並ぶデザイン。亡くなった旅客機の乗員乗客と国防総省の職員を追悼するため、犠牲者と同数のユニットを置き、一つ一つに犠牲者の名前が刻まれている。明石准教授は、照明器具や光量の調節を担当。遺族と話し「人ごとではない」と思いながら、試行錯誤を重ねたという。
 明石准教授は「受賞は大変光栄。メモリアルパークは犠牲者を忘れないようにと造られ、これからもずっと残って行くもの。その設計に携われたことはとても良かったと思っている」と話していた。
 
日刊県民福井—-中日新聞

 世界で色んな事をやってる人がいるんですね。「米国防総省 同時テロ追悼施設」という所に意味がありますね。黙とう。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ