地方紙の楽しい話題を取り上げます


“人馬一体” 騎馬打毬/八戸三社大祭中日

Filed under: イベント,伝統芸能,寺社,文化,歴史,,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年8月3日

 八戸三社大祭は中日の2日、八戸市の長者山新羅神社桜馬場で、伝統武芸の加賀美流騎馬打毬(だきゅう)が行われた。狩り装束をまとった騎馬武者が古式ゆかしい武技を披露し、観客を魅了した。
 加賀美流騎馬打毬は江戸後期の文政10(1827)年、新羅神社に奉納された祭典競技が起源とされる。打毬は現在、同市のほか、宮内庁と山形市にだけ残されている。
 4人ずつ紅白の2組に分かれた騎手は、馬と毬杖(まりづえ)を巧みに操作。人馬一体となって縦横無尽に馬場を駆け回り、ゴールの門に次々と毬を投げ入れた。
 同日は夜間の山車運行も行われ、ライトアップされた山車が市中心街を練り歩いた。
 八戸観光コンベンション協会によると、2日の入り込み数は16万5千人。ディズニーパレードが行われた昨年を6万人下回った。
 (文・松原一茂、写真・大粒来仁)
 
“人馬一体” 騎馬打毬/八戸三社大祭中日
 
デーリー東北新聞社

 
 地方新聞を漁っていないと知り得ない文化が沢山ありますね。これもその一つ。騎馬打毬(だきゅう)は初めて知りました。調べると、ペルシャ起源で、ヨーロッパに渡ってイギリスのポロになり、日本まで伝わって騎馬打毬(だきゅう)になったんですって。ポロと起源が一緒なんですよ。面白い。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

求む!カッパ目撃情報 人吉球磨で観光企画

Filed under: イベント,文化,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年8月2日

 カッパ伝説が残る人吉球磨地方で1日、3年目のカッパ捜索が始まった。県球磨地域振興局を中心に結成されたカッパ捜索隊に目撃情報を提供すると、人吉球磨の特産品などが当たる。31日まで。

 県球磨地域振興局や地元市町村などが、観光客を誘致しようと企画。昨年は、JR人吉駅や球泉洞などに5匹のカッパが出没し、1カ月間に281件の目撃情報が寄せられた。ことしも5匹登場する。

 パソコンや携帯電話の専用サイトにアクセスすると、いつ、どこでカッパが出没しそうか確認できる。カッパを見つけたら、目撃日時や場所、特徴などを捜索隊に送信する。

 この日は球磨村を中心に出現。JR一勝地駅では、博多-人吉を臨時運行しているJR九州の観光特急「あそぼーい!」に乗り込むサプライズも。母親と記念撮影した福岡市の谷野花さん(8)は「想像よりもかわいかった。捜索隊に報告してみようかな」と話していた。

 専用サイトなどの問い合わせは県球磨地域振興局総務振興課TEL0966(24)4113。(後藤仁孝)
 
求む!カッパ目撃情報 人吉球磨で観光企画
 
熊本日日新聞

 
 これはまた、ツチノコ捜索隊のようなものかと思ったら違いました。着ぐるみカッパが実際に町に出没し、それを見つけようという催しのようです。それもまたありですか。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

「日本一『さくらんぼ』祭り」のPRフラッグを取り付け

Filed under: イベント,植物,産業,,観光,農業, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年6月8日

 23、24の両日、山形市の文翔館などで開く「日本一『さくらんぼ』祭り」メーンイベントに合わせたPR用フラッグが7日、市内の目抜き通りの街路灯に取り付けられた。

 イベントは県内の観光、農業、商工、行政各分野の団体などで組織する、やまがた元気プロジェクト実行委員会(会長・吉村美栄子知事)が開催。「復興のための祈りと祭り」を統一テーマに四季ごとの祭りを計画しており、今回が第1弾となる。

 県職員4人が同市十日町角から文翔館までの約1.2キロの通りにある街路灯約80基にフラッグ(縦80センチ×横37センチ)を取り付けた。サクランボを連想させる赤を基調としたデザインが、往来の多い通りを華やかに彩っている。
 
「日本一『さくらんぼ』祭り」のPRフラッグを取り付け
 
山形新聞

 
 サクランボ好きとしては見逃せません。山形といえど東北です。風評被害もあるでしょう。がんばれ山形。がんばれサクランボ。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

水陸両用バス「感謝デー」 3~4月に市町村ごと

Filed under: イベント,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月17日

 諏訪湖で「水陸両用バス」を営業運行している日本水陸観光諏訪営業所は、水陸両用バスの魅力を再認識してもらうため、諏訪地方の住民が格安で乗車できる「感謝デー」を設けることを決め、16日に諏訪市役所で開いた水陸両用バス導入協議会(会長・山田勝文市長)で報告した。3月から4月にかけ、各市町村ごとに実施する。また8月には、諏訪市の諏訪湖畔で行われる花火イベント「サマーナイトファイヤーフェスティバル」に合わせ、湖上から花火を見物する夜間運行も検討しているとした。

 説明によると、今季は3月19日から営業を開始。同日から同27日までの9日間を、諏訪市民を対象にした「市民感謝デー」とする。午前9時発と午後3時発の2便を市民向けとし、料金を大人1000円、小学生以下500円、2歳以下無料と通常の半額以下に設定した。

 このほか、岡谷市は3月5日と13日、茅野市は同6日、下諏訪町は4月17日、原村は4月3日を「サービスデー」とし、諏訪市と同様の割り引きを実施。1日5便を運行し、岡谷市は市役所、下諏訪町は諏訪大社下社秋宮を臨時発着所とする。富士見町は詳細を未定としている。

 6市町村とも、事前に各自治体の観光課で申し込みを受け付ける。

 花火見物の夜間運行は、8月1日から10日を予定。下諏訪町と上諏訪温泉の旅館街を経由して諏訪湖へ入り、湖上から花火を楽しむ趣向で、運行路などを検討している。

 水陸両用バスは一昨年5月に運行を開始。同協会によると、昨季(昨年4月1日~1月10日)は諏訪大社御柱祭が行われた春から夏にかけての利用が伸びず、利用者数は前季を約1500人下回る約1万4800人。売り上げも450万円ほど減ったという。今季はJRの協力を得て、首都圏や中央本線沿線への宣伝活動を強化して巻き返しを図りたいとしている。

水陸両用バス「感謝デー」 3~4月に市町村ごと

長野日報

 
 知りませんでした、諏訪湖に水陸両用バスが走っているのなんて。楽しそう。でも、ちゃんと商売になるのか老婆心ながら心配です。
 まずは地元の人に知っていただかないと広がらないでしょうから、いい催しだと思います。

 水陸両用バスの画像はこちらで見られます。
 「日本水陸観光株式会社」http://www.japan-ducktour.com/index.php

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

「八戸のうわさ」中心街に吹き出し続々

Filed under: イベント,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月10日

 「はっち」開館を前に、八戸市中心街の事業所と店舗の壁や窓に従業員らの〝うわさ〟が書かれた黄色い吹き出しが多数出現し、歩行者を不思議な世界に引き込んでいる。
 吹き出しは、名古屋市出身のアーティスト山本耕一郎氏が手掛ける「八戸のうわさ」事業。約90カ所を取材し、店舗の話題やスタッフの趣味などを吹き出し型のシールにして貼り付けた。
 同時に、高機能携帯電話(スマートフォン)のアプリケーション「セカイカメラ」を使って街並みを画面に映すと、「エアタグ」と呼ばれる付加情報が浮かんでくる仕組みになっている。
 セカイカメラ版のうわさは100以上。利用者がエアタグを自由に作成できるため、日々〝増殖中〟だ。
 エアタグを作成した八戸市のクリエイティブユニット・トライポッドスタジオの沼畑武行さんは「小さな仕掛けだが、街に出掛けるきっかけになれば」と話している。
 
「八戸のうわさ」中心街に吹き出し続々
 
デーリー東北新聞社

 
 なんだかよくわからないけど、とりあえず楽しそうだぞ。町の噂話を書いた吹き出しが町中にあふれているという事なのか。それだけじゃなさそうだけど。
>>>高機能携帯電話(スマートフォン)のアプリケーション「セカイカメラ」<<< なんかは何のことやらわからないけど。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

そりレースや宝探し楽しむ 井川スキー場で雪まつり

Filed under: イベント,スポーツ,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月7日

 三好市井川町の井川スキー場腕山で6日、「ふれあい雪まつり」が開かれ、そりレースや宝探しゲームに家族連れらが歓声を上げた。

 そりレースでは小学生以下の約50人が5人一組に分かれて競争。そりから落ちたり、コースを外れたりしないよう懸命にバランスを取りながら、約50メートル先のゴールを目指した。

 3位でゴールした徳島市の梶恭子さん(10)=鳴門教育大学付属小4年=は「他の子のそりに当たりそうになって怖かったけど、楽しかった」と笑顔を見せた。

 コース内に置かれたカードを見つけると菓子がもらえる宝探しゲームも大勢の児童らでにぎわった。
【写真説明】そりに乗って勢いよくスタートする児童ら=三好市井川町の井川スキー場腕山
 
そりレースや宝探し楽しむ 井川スキー場で雪まつり

徳島新聞

 
 何の変哲もない記事ですが、関東に住んでいる管理人はびっくり!四国にスキー場があるんですね。調べてみると8つも。4つの県全部にあるようです。侮っていました。すみません。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

官民協働で熟す秋、「無尽蔵プロジェクト」清閑亭で初の成功例/小田原

Filed under: 史跡,政治,文化,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年10月25日

 市民と行政が役割分担してまちづくりに取り組む小田原市の「無尽蔵プロジェクト」。昨年12月のスタートから10カ月を経て、ひとつの実りを手にしつつある。市は自ら所有する施設の管理・運営をNPO法人に任せ、NPO法人は独自のノウハウを生かした施設の利用策を打ち出す。つまり、行政は懐を痛めずに施設の有効利用と集客が図れ、NPO法人はイベントなどで得た資金でさらなる企画の展開に挑む、いわば“一挙両得”の取り組みだ。その成功例は、国登録有形文化財「清閑亭」で地歩を着々と築いている。

 無尽蔵プロジェクトは、市が「市民参画の推進」を議論する中から生まれた。行政が「市民参画の推進」を目的に実施してきた企画は、資金も人材も「行政丸抱え」になりがちだったという反省が原点にある。財政難の折から、こうした企画は「1年で打ち切り」になる可能性もあり、「そもそも行政単独での事業実施は限界を迎えている」という声もささやかれていた。

 そこで「補助金以外の市民への協力の方法」が検討された。行政が提案し、実施主体となる民間に補助金を交付するのではなく、市の施設の貸与や許認可といった「金のかからない協力」へと転換。民間が稼げば、結果的に「人が集まり、経済効果が生まれ、税収も増える」という考え方だ。こうして(1)市民活力の向上(2)経済の活性化―を掲げる「無尽蔵プロジェクト」が生まれた。

 市は「ウオーキングタウン」「食」「文学」など既に民間が実施している10分野で協力を依頼し、各団体の企画やイベントに同プロジェクトの冠をつけることから始めた。

 例えば「ウオーキングタウン」は、NPO法人小田原まちづくり応援団の手による。市は清閑亭を所有するものの有効利用が図れずにいたため、「ウオーキングタウンの中核施設になるのでは」と清閑亭の管理・運営を任せた。2年間限定の実証実験だ。

 応援団は、清閑亭の一般公開やコンサート、展示会の受け入れなどを矢継ぎ早に企画。館内に喫茶コーナーを設けるなど、市民目線の運営手法で集客と資金の確保を両立させている。音楽や木造建築を手掛ける民間団体とのコラボレーションによる新企画などの相乗効果も生まれており、同プロジェクト初の成功例といえそうだ。

 ただ「行政が民間に事業を丸投げしていいのか」という批判は少なくない。市担当者は「まちづくりの方向性が一致していることが大前提だ」と話す。3カ月に1回、市担当者らを交えた連絡調整会議を開くことで、「お互いの動きを知り、各事業の方向性に齟齬(そご)のないよう努めている」と説明している。

 ◆清閑亭 明治末期から大正初期にかけて、黒田長成侯爵の別荘として建てられた。木造平屋一部2階建て(延べ床面積約340平方メートル)の数寄屋風書院造りで、2008年に市が取得した。敷地は4500平方メートルで、国指定史跡(小田原城三の丸外郭の一部)。
 
官民協働で熟す秋、「無尽蔵プロジェクト」清閑亭で初の成功例/小田原
 
神奈川新聞社

 
 私なんか、この方法はいい考えだと思いますね。行政は金をかけずに何らかのプラスが考えられますからね。民間の方もプラスになれば続けるだろうし。「行政が民間に事業を丸投げしていいのか」というほど目くじら立てずに、もう少し見守ってはいかがでしょう。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

近江うし丸デビュー

Filed under: 産業,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年9月15日

=御曹司の気品と愛嬌振りまく=
子どもたちと記念撮影する近江うし丸くん(中央)

◇東近江・竜王
 源氏の御曹司としての気品と愛嬌を兼ね備えた新キャラクター「近江うし丸」が十一日、道の駅竜王かがみの里の歴史広場に初登場した。
 ゆるキャラの先輩・ドウタクくんとキャッフィーが出迎える中、清水正作駅長のエスコートで近江うし丸が姿を現すと、来場者約六十人から「かわいい」との声があがった。
 原作者の邑地礼子さん=竜王町在住=は「うし丸の母です。地元の者として、何としてもひこにゃんをしのぐキャラクターを作りたくて創作意欲に燃えました。今後、うし丸には竜王町の特産品や魅力を全国に発信してもらいたい」と語り、竜王町観光協会・森嶋治雄会長も「観光元年」に位置付けた。
 また、みらいパーク竜王では、十月末まで「みらいパーク竜王サポーター」を募集している。
 応募資格は、同里とアグリパーク竜王が好きな人。定員は十五人で、十一月一日から来年十月末日までの間、両施設が開発する新商品のモニターなどを行う。申し込みおよび問い合わせは、道の駅竜王かがみの里(0748―58―8700)まで。
 
近江うし丸デビュー
 
滋賀報知新聞
 
 相変わらずゆるキャラが流行ってますね。これで特産品や観光にメリットがあれば安いものですか。ゆるキャラ揃えてホームページ作っちゃおうかな。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

「尾瀬サミット」開催

Filed under: 旅行,自然,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年9月4日

 尾瀬国立公園の保護と利用について考える「尾瀬サミット2010」(尾瀬保護財団主催)が3日、片品村の尾瀬ケ原・山ノ鼻地区の尾瀬ロッジで開かれた。入山口の分散利用、高齢者や障害者の入山促進を目的にした車両規制の緩和などの課題について意見を交わし、自然保護を進めながら尾瀬の活用に向けた取り組みを強化していくことを申し合わせた。

 群馬、福島、新潟の3県の知事をはじめ、関係者ら約70人が参加した。本県での開催は3年ぶりとなる。

 昨年のサミットで片品村の千明金造村長が要望した、村内2カ所の入山ルート(大清水~一ノ瀬間、富士見下~富士見峠間)の車両規制緩和について、環境省が検討結果を報告した。

 大清水~一ノ瀬間については、鳩待峠への通年マイカー規制を段階的に導入したり、戸倉を拠点にしたバス運行を充実させるなどして現状の交通網を見直し、尾瀬全体を対象にした「尾瀬らしい自動車利用」の構築を目指していく中で検討する必要があると指摘。関係者や利用者の意識調査、環境への影響に関する調査を本年度も引き続き進めるとした。

 富士見下~富士見峠間については、同区間が村道であることを踏まえ、片品村から実施計画を提案してもらい、関係者の合意を得て行うことが望ましいとした。

 サミットは「みんなの尾瀬をみんなで守りみんなで楽しむ」がテーマ。参加者からは「高齢者や障害者でも気軽に利用できるようにすべきだ」「入山者減少に歯止めをかけるため具体的な策を考える必要がある」などの意見が出た。

 尾瀬保護財団理事長の大沢正明知事は「国立公園誕生から3年が過ぎ、自然を『どのように守るか』から『どのように活用していくか』という一歩進んだ議論ができてよかった」と総括した。
 
「尾瀬サミット」開催
 
上毛新聞

 
 これはちょっと問題ですよ。やっと尾瀬の入山者が減ってきたと私としては喜んでいたのですが、また増やそうというのですね。高齢者や障害者の入山なら、その方達だけを車で近くまで送ればいいのであって、車の規制全体を緩和する必要はないと思うのですが。
 どうやら観光行政の考え方が先行しているようで気がかりです。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

雌獲得争いが激化? 都井岬

Filed under: 動物,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年9月3日

 国の天然記念物に指定されている串間市都井岬の野生馬「岬馬」の中で、雄の比率が高まっていることが2日、分かった。

 岬馬は雄1頭と複数の雌でハーレムを構成するため、雌が多い方が望ましいとされており、専門家は対策の必要性を指摘。なるべく自然のまま繁殖してきたこともあり、関係者は頭を悩ませそうだ。

 8月20日現在、岬馬111頭のうち雄は57頭、雌は54頭。岬馬を管理している都井御崎牧組合の迫田幸四郎組合長によると、以前は雌が6割ほどを占めていたが、近年逆転傾向にあるという。
 
雌獲得争いが激化? 都井岬
 
宮崎日日新聞

 野生馬「岬馬」は聞いたり、テレビで見たりした事はありますが、111頭しかいないんですね。これでは雄雌の割合というよりも、その総数の少なさが心配ですね。しかも一か所ですので病気などが流行るといっきに絶滅しそう。少し他の地域に移すなどの方法が考えられるのではないでしょうか。
 

 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ
Older Posts »