地方紙の楽しい話題を取り上げます


伊豆特産のキイチゴ、全国へ発信 酒や焼き菓子試作好評

Filed under: 植物,産業, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年10月26日

 県伊豆農業研究センター(東伊豆町)は伊豆半島南部に自生するキイチゴを使った商品化に乗り出した。すでに数種類のキイチゴを加工したリキュールやワイン、ジャムなどを試作、消費者アンケートで手応えも得ている。同センターは「さらなる商品開発や販売方法の考案などを一緒に行ってほしい」と協力企業を募集している。
 同センターの武藤浩志上席研究員は「国内で見掛けるキイチゴの多くは、冷凍輸入された果実」と話す。国内ではほとんど生産農家がないという。
 武藤研究員は「そこに商機がある」とみる。下田市周辺などにはイチゴの「紅ほっぺ」と甘みが遜色ない「フユイチゴ」や「モミジイチゴ」など計13種類のキイチゴが自生しているという。
 これらの自生キイチゴを品種改良した上で、伊豆地方の農家で大量生産してもらい、「伊豆特産」として大々的に全国に売り出す計画で、今回のパートナー企業探しはその第一歩。
 同センターは、2009年から伊豆南部のキイチゴの本格調査に着手し、糖度の高い良質なキイチゴを多く見つけた。昨年からは酒やジャムのほか、フユイチゴなどのピューレを加えた白あん入りの焼き菓子を作ったところ、女性に好評だった。
 武藤研究員は「ラズベリーなどが多く消費される欧米に比べ、キイチゴは日本ではあまり食べられていない。伊豆半島から新たな食文化を発信したい」と意気込む。

伊豆半島南部で自生するキイチゴでつくった酒の瓶を手に取る県伊豆農業研究センターの武藤浩志上席研究員=東伊豆町稲取の同センター

 
伊豆特産のキイチゴ、全国へ発信 酒や焼き菓子試作好評
 
静岡新聞

 私は常々なぜキイチゴ(私の場合はモミジイチゴだが)が商品にならないのだろうと考えていた。もちろん生食が美味しいのだが、それは傷みやすさなどで難しいだろうとは思っていましたが。やっとキイチゴを本格的に商品にしようという所が出てきましたね。今後は品種改良して、生食用のキイチゴも作って欲しいものだ。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

古酒の香り 貯蔵で違い 「ソトロン」初確認

Filed under: 産業, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年10月11日

 県工業技術センター(うるま市)はこのほど、20年貯蔵した泡盛の香気成分について検査・分析し、甕(かめ)に貯蔵した泡盛中にメープルシロップや黒糖、はちみつなどに存在する香気成分「ソトロン」が含まれていることを初めて明らかにした。一方、ガラスやステンレスに貯蔵した泡盛にも古酒香があり、その香りを感じる要素には甘くクリーミーなバニラのような香り成分「バニリン」の量が大きく関与していることも分かった。(座安あきの)

 同センター研究グループの玉村隆子、望月智代、仲本健吾、比嘉賢一の4氏が担当し、9月27日に東京都内で開かれた日本醸造学会で研究成果を報告した。

 泡盛の古酒香成分の一つに「バニリン」があることは知られているが、貯蔵条件との関係性や、その量と香りの相関関係を示す研究事例は少なかった。バニリン以外の泡盛古酒香成分に関する報告もあまり例がなく、「ソトロン」の発見は初めて。

 醸造所や貯蔵容器の異なる泡盛を20年貯蔵したサンプル112点を分析。14人の評価員に香りや味など度合いを評価してもらう官能評価と成分分析を実施したところ、密閉性の高いガラスやステンレス貯蔵泡盛はバニリンが、通気性のある甕貯蔵ではソトロンが、それぞれの古酒香に影響していることがわかった。

 バニリン量はガラス、ステンレス、甕貯蔵の各泡盛で同程度含まれていたが、ソトロンはガラスやステンレス貯蔵泡盛には少なく、同センターは「甕貯蔵泡盛の特徴とみられる」としている。さらに、清酒で確認されているソトロン量よりも多かったという。

 比嘉氏は「古酒の特徴を科学的に明らかにすることでメーカーの醸造技術の向上につながる」と期待。

 玉村氏は「現在の醸造技術も伝統的な技術も科学的な意義が裏付けされれば、泡盛の魅力を情報として発信することができる」とした。今後、ソトロンが生成されるメカニズムや、このほかの香気成分について研究を続ける方針。
 
古酒の香り 貯蔵で違い 「ソトロン」初確認
 
沖縄タイムス

 泡盛も古酒になると美味しそうな香りが出てくるんですね。酒好きにはたまらない話題じゃないでしょうか。なんだか泡盛の古酒を飲んでみたい気分です。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

「日本一『さくらんぼ』祭り」のPRフラッグを取り付け

Filed under: イベント,植物,産業,,観光,農業, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年6月8日

 23、24の両日、山形市の文翔館などで開く「日本一『さくらんぼ』祭り」メーンイベントに合わせたPR用フラッグが7日、市内の目抜き通りの街路灯に取り付けられた。

 イベントは県内の観光、農業、商工、行政各分野の団体などで組織する、やまがた元気プロジェクト実行委員会(会長・吉村美栄子知事)が開催。「復興のための祈りと祭り」を統一テーマに四季ごとの祭りを計画しており、今回が第1弾となる。

 県職員4人が同市十日町角から文翔館までの約1.2キロの通りにある街路灯約80基にフラッグ(縦80センチ×横37センチ)を取り付けた。サクランボを連想させる赤を基調としたデザインが、往来の多い通りを華やかに彩っている。
 
「日本一『さくらんぼ』祭り」のPRフラッグを取り付け
 
山形新聞

 
 サクランボ好きとしては見逃せません。山形といえど東北です。風評被害もあるでしょう。がんばれ山形。がんばれサクランボ。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

佐々川で旬の味覚「シロウオ漁」 今月下旬ごろ最盛期

Filed under: 動物,文化, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月8日

 県北にひと足早い春の訪れを告げる「シロウオ漁」が、県北最長河川の佐々川(21・9キロ)下流域で始まった。

 シロウオはハゼ科の半透明の魚で体長4センチ前後。漁は護岸から川面に突き出すように設けられた足場台から約1・8メートル四方の網を川底に沈め、産卵のため海からさかのぼってくるシロウオの群れをすくい上げる。

 北松佐々町の地元漁師によると、年初の寒波と少雨による影響からか、群れが少ないという。今後、水温が上がって雨が降れば漁獲が見込めると言い、今月下旬ごろから最盛期を迎える。

 シロウオは町民にとって春を代表する味覚の一つ。生きたままの「躍り食い」や、てんぷら、吸い物などで味わう。
 
佐々川で旬の味覚「シロウオ漁」 今月下旬ごろ最盛期
 
長崎新聞

 
 南の方のあちこちから、春の便りが届き始めましたね。
 ちなみに、管理人はシロウオとシラウオの区別が全く判りません。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

リスパック、植物由来のプラスチック食品容器を増産へ

Filed under: 産業, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月3日

◆群馬に専用工場、2015年稼働目指す

 岐阜プラスチック工業グループの食品容器メーカー、リスパック(岐阜市神田町、大松利幸社長)は、植物由来の原料で作るプラスチック食品容器の専用工場を群馬県伊勢崎市に建設する。投資額は約100億円で、2013年の着工、15年の稼働を目指す。

 同社は1990年代から植物由来の食品容器の研究開発に着手し、05年から商品化を進めてきた。現在はコンビニやスーパーマーケットに納入しているが、近年、環境への配慮や安心・安全を求める消費者意識が高まっていることを受け、石油などを原料とする容器から切り替えが進むと予測、生産拡大に乗り出す。

 新工場は伊勢崎市内の関東工場の第2期工事として建設。平屋建て約1万3000平方メートル。15本の製造ラインを設置する。同容器の売上高は11年3月期で約9億円(見込み)だが、新工場が本格稼働する16年3月期に約210億円を目指す。

 トウモロコシやサトウキビのでん粉などを原料とする植物由来のプラスチック容器は、化石燃料を原料とする従来のプラスチック容器に比べ、資源の節約につながるほか、燃やした際の二酸化炭素排出量も少ないという。

 同社は今期からバイオ営業部を新設するなど組織体制も強化。担当者は「循環型社会に対応する全く新しい食品容器。中核事業に育成し、日本一の食品バイオ容器企業を目指す」としている。

 
リスパック、植物由来のプラスチック食品容器を増産へ
 
岐阜新聞

 
 植物由来のプラスチックは前から注目していました。増産となれば化石燃料を使う量が減ると言う事だからいいことだとは思います。ただ、ちょっと気になるのはトウモロコシやサトウキビが原料という部分です。食料になるものを原料にすると、その価格が上がってしまう可能性があります。もっと、別のもの、今までは約に立たなかったようなものでできないものでしょうか?

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

今年初、ニシン受精卵を放流 宮古栽培漁業センター

Filed under: 動物,産業, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月2日

 宮古市崎山の宮古栽培漁業センター(青野英明場長)は31日、地元漁家と協力し、宮古湾に今年1回目のニシンの受精卵を放流した。同センターは昨年までの調査で、受精卵放流で育ったニシンがふ化し、同湾に回帰していることを初めて確認した。今年は300万粒の受精卵放流を目標に掲げており、関係者は資源増を期待する。

 同センター職員、同市の津軽石磯建網組合の山根幸伸組合長が湾奥の磯建網付近で、約30万粒を付着させた器具を海中につるした。

 同湾では1984年から毎年、ニシンの稚魚を放流。2004年から湾内の小型定置網に付着したニシンの卵の保護活動を始めた。06年からは人工授精卵に標識を付け、放流効果を調べている。

 受精卵放流は、卵が付着した器具を海中につるすだけで、稚魚を育てる経費や手間が掛からない。同センターは昨年までの調査で、受精卵放流でふ化したニシンが産卵のために同湾へ回帰していることを確認。今年から本格的な受精卵放流に取り組むこととした。

 同センターの長倉義智主任技術開発員は「低コストで手間が掛からない受精卵放流方式が順調に進めば、漁業者自らが増殖に関与できる。安定した漁獲量につながってほしい」と期待する。

 同湾の産卵期(1~4月)のニシン漁獲量は85年にわずか1キロだったが、09年は1180キロ。山根組合長は「順調に回帰しているニシンの漁獲量を協力して増やしていきたい」と期待している。
 
今年初、ニシン受精卵を放流 宮古栽培漁業センター
 
岩手日報

 稚魚の放流は何処でもやっていますが、受精卵の放流ですか。これが成功すれば確かにコストダウンになりますね。面白い。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

うどん王国・香川も年越しはまだまだ「そば」

Filed under: 習慣, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年12月29日

 うどん王国も年越しはそば―。香川県人が昨年の年越しにうどんを食べた人は、そばを食べた人の半数にとどまったという結果が、四国学院大学のPR誌・インタレスト編集部の調べで分かった。

 同誌は同大カルチュラルマネジメント学科の学生が、雑誌製作を通じて実践力を身に付けるカリキュラムの一環として、年2回発刊している。今回、編集部員約20人が香川県内一円の1008人に対し、「讃岐うどんの風習」に関するアンケートを実施した。

 その結果、昨年末の年越しにそばを食べた人は439人(43・6%)で、うどんを食べた人220人(21・8%)のほぼ2倍。うどん王国の讃岐人も他の県同様、「年越しはそば」という人が多かった。両方食べたという人も253人(25・0%)おり、両方とも食べなかった人は96人(9・5%)だった。

 編集部によると、うどん、そばの選択は年齢との関連性は見られず、家それぞれに伝わる習慣が多いという。麺通団団長で、PR誌の製作を指導した田尾和俊教授は、もっとうどんを食べた人が多いと予想していたそうで、「せっかくのうどんブーム。『王国香川』として、なんとか逆転してほしい」とエールを送っている。

 調査は、今月発刊された「インタレスト2010latter」巻頭特集の一部。冊子は無料だが郵送料は着払い。問い合わせは同大〈0877(62)2111〉。
 
うどん王国・香川も年越しはまだまだ「そば」
 
四国新聞社

 
 なんだか、良かった。やはり年越しは蕎麦でしょう。いくらうどん王国でも。どこぞのラーメン王国でも年越しは蕎麦じゃないかな。習慣というのは何かの理由があるのだから、やはり残しておいた方がいいと思いますね。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

おひつ乗せ しゃなりしゃなり 串本でねんねこ祭り

Filed under: 寺社,歴史,, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年12月7日

 和歌山県串本町田原の木葉神社(井谷正守宮司)で5日、伝統の「ねんねこ祭り」が営まれた。頭におひつを乗せたご飯持ち巫女(みこ)を先頭に朝日遙拝行列があり、鈴一振りごとに一歩ずつ進んだ。
 
 子どもの健康や子孫繁栄、五穀豊穣(ほうじょう)を願う祭りで、県無形民俗文化財に指定されている。
 
 ご飯持ち巫女を務めるのは、田原小2年、宮本雛乃さん(7)。振り袖を着て化粧をした華やかな姿が参拝者らの注目の的となった。拝殿を午前6時に出発。遙拝所までの約150メートルをゆっくりと進み、7時15分に到着すると、おひつを供えて朝日を拝んだ。宮本さんは「しんどかったけど、ちゃんとできて良かった」と喜んだ。
 
 その後、本殿では、かまで沸かした湯でお払いをする湯立ての儀や、子ども巫女の舞があり、拝殿では「子守神事」などユニークな神事が営まれた。
 
おひつ乗せ しゃなりしゃなり 串本でねんねこ祭り
 
紀伊民報

 
 可愛いですね。
 ちょっとユーモラスで、珍しいお祭りですね。面白いけれど、日本人にとっては違和感はありませんね。このような日本人のルーツを探るようなお祭りは是非亡くならないで欲しいものです。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

シロの発達状態良好 今秋のマツタケ「豊作」期待

Filed under: 植物,産業,農業, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年8月28日

 県林業総合センターは27日、塩尻市片丘の同センターで開いたマツタケ指導者研修会で、今秋のマツタケ発生予測を発表した。梅雨期を中心に雨が多かったことから、発生地点となるシロの発達状態は良好と判断。地温が下がった後に残暑がなければ、「平年作以上の作柄になると推測される」と見通した。

 センター特産部の竹内嘉江主任研究員は、標高の高い長野県では、春以降の気温が高めに推移し、夏の高温期が長いこと、春から夏の降水量が豊富であることがマツタケ菌根の成熟には好条件になると指摘。「梅雨期の降水量が十分な地域が多く、夏マツタケの発生も良かった」と期待できる状況であることを説明した。

 豊作へのかぎは、地温が19~15度に下がって芽が成長し始めた後に、残暑で地温が再上昇しないこと。「9~10月に定期的な雨があり、地温の再上昇日数が少なければ良い作柄になる」と述べた。

 県内の生産者ら約110人が参加。産地からは「山はそれほど乾いていない。大豊作といかないまでも豊作は期待できる」(豊丘村)、「夏マツタケの発生は昨年より多かったが、8月はほとんど出なかった。秋に関してはまだ分からない」(諏訪市)といった声が聞かれた。

 県産マツタケの年間生産量の平均は約30トン。昨年は9月の残暑と少雨で7.1トンという大不作だった。同センターによると、今年の気象状況などは50.6トンの豊作となった2004年と、26.1トンの平年作だった07年に似ているという。
 
シロの発達状態良好 今秋のマツタケ「豊作」期待
 
長野日報

 その年のマツタケの発生予測を公の場所が行っているとは知りませんでした。豊作になる事を祈っていますが、私の口には入らないでしょう。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

茅野市のそば店、「寒晒しそば」8月1日まで限定販売

Filed under: — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年7月11日

 茅野市内の手打ちそば店12店で10日、「献上寒晒(ざら)しそば祭(まつり)」が始まった。好評のため今年は期間を昨年より9日延長し、8月1日まで。各店で毎日、数量限定で寒ざらしそばを販売する。

 江戸時代、将軍家への献上品だったという寒ざらしそばは、秋に収穫したソバの実を冬に清流に10日間浸し、その後1カ月間寒風にさらして乾燥させるのが特徴。数年前に地元のソバ生産者らが復活させ、PRに力を入れている。

 祭りは、そば店や生産者などでつくる「そば産業推進会議」と茅野商工会議所の主催で4回目。期間中に使用するそば粉は300キロ近く。昨年より千食多い4千食の販売を目指す。

 JR茅野駅近くのそば店では、前夜に製粉所から届いたそば粉を使い、1日分の20食を用意した。妻とともに訪れた諏訪市の会社社長、小海行雄さん(61)は初めて寒ざらしそばを食べ、「サラッとしたのど越しと、もちもち感があっておいしい」。店主の五味一佳さん(41)は「昨年は首都圏から足を運んでくれる人もいた。今年もこの地方の伝統を多くの人に味わってほしい」と話していた。

 各店とも基本の盛りそばは1600円。店ごとに異なるメニューもある。問い合わせは同商議所(電話0266・72・2800)へ。

【写真説明】茅野市のそば店が数量限定で販売している寒ざらしそば
 
茅野市のそば店、「寒晒しそば」8月1日まで限定販売
 
信濃毎日新聞

 
 蕎麦好きにはたまらない響きの「寒晒しそば」。まだ食べた事が無いので羨ましいですね。近くなら飛んでいく所なのですが・・・・。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ
Older Posts »