地方紙の楽しい話題を取り上げます


日本伝統工芸展が開幕

Filed under: 伝統工芸,芸術 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年12月9日

 人間国宝(重要無形文化財保持者)から気鋭の新進作家までの作品を集めた「第57回日本伝統工芸展」(島根県立美術館、山陰中央新報社など主催)が8日、松江市の島根県立美術館で開幕した。日本の風土が育んできた伝統の技を生かし、「用の美」を追求した約300点の逸品が、工芸ファンを魅了している。26日まで。
 
 同展は全国12会場を巡回し、松江展は9回目の開催。陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の7部門で、人間国宝が手掛けた44作品をはじめ、山陰両県在住の作家の作品など計290点を展示している。
 
 新たに人間国宝になった5人も出品。伝統的な織物技法・紋紗(もんしゃ)で認定された岐阜県関市の土屋順紀さん(56)の紋紗着物「妙音」は、自然染料の繊細な色を使い分け、爽快(そうかい)感を演出している。
 
 山陰両県からは島根5人、鳥取5人の10人が出展。2年連続3度目の入選を果たした島根県東出雲町上意東の浜田幸介さん(25)の入選作「欅造拭漆盛器(けやきづくりふきうるしもりき)」は、木目の良さを際立たせている。
 
 開幕式で、同館の副島三喜男館長が「作品の優雅さを感じてほしい」とあいさつ。関係者がテープカットし、開幕を告げた。初日から多くの来場者があり、伝統工芸の粋を集めた作品を堪能した。
 
 会期中は無休。週末を中心に、出品作家が作品を解説するギャラリートークを開催する。19日午後2時からは、人間国宝の村山明さん(木工芸)を招き記念講演会がある。
 
日本伝統工芸展が開幕
 
山陰中央新報

 
 「第57回日本伝統工芸展」って、国体のように持ち回りでやっているんでしょうか。近くであれば見に行きたいですね。
 年をとったせいか、伝統工芸品にはかなり興味が湧いてきました。特に焼き物と木工品は好きですね。ちょっと自分でもやってみたい。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

「平泉」テーマにアート&クラフトフェス〜盛岡

Filed under: 伝統工芸,文化 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年7月5日

 ものづくりを通して「平泉の文化遺産」の世界遺産登録を応援する「いわての工芸 平泉コラボレーション アート&クラフトフェスティバル」は3日、盛岡市のいわて県民情報交流センター・アイーナで始まった。「平泉」をテーマにした県内の工芸家16人の新作23品がお披露目され、来場者の目を引き付けている。・・・・・・
 
「平泉」テーマにアート&クラフトフェス〜盛岡  リンク切れ
岩手日日新聞

 
 伝統工芸品はどうも気になりますね。日本の文化の原点の一つのような気がするからです。近くでやっていたら見に行きたいのですが。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

広島「銅虫」輝き復活へ

Filed under: 伝統工芸 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2009年12月31日

広島「銅虫」輝き復活へ  リンク切れ
 
 400年の歴史を持つ銅を使った広島県の伝統工芸品「銅(どう)虫(ちゅう)」の復活を目指し、産学官が取り組みを始めた。老舗メーカーの伊藤久芳堂(広島市中区)と広島市、広島市立大(安佐南区)などが研究会を発足させ、約2年前に途絶えた生産の技術伝承や販路開拓に挑む。
 銅虫は独特の赤銅色をした銅細工で、県の伝統的工芸品に指定されている。2008年1月、伝統製法を用いる唯一の業者だった伊藤久芳堂が東広島市福富町の銅虫の工場を閉鎖し、生産が途絶えた。企業や官公庁からの退職記念品などの受注が減り、職人も高齢化したためだ。
 研究会は、銅虫の茶器を愛用していた茶道上田宗箇流の上田宗冏(そうけい)家元の発案を受けて10月、市が発足させた。銅細工の技法を授業で学生に教えている市立大の若山裕昭芸術学部長を委員長に会合を重ね、生産と販売の再開に向けた計画を10年夏をめどにまとめる。
 研究会によると、生産できる設備と製造技術を保持している職人は県内で5人。若山委員長は「1社による安定生産は難しいが、複数の作家で受注に対応することは可能」とみる。
 計画では、職人がネットワークをつくり受注に応じるなどの体制づくりを検討する。現代の生活に合ったデザインや、インターネットなどによる販路開拓も探る。技術者を育てるため、大学に専属の非常勤講師を置くことも話し合う。
 若山委員長は「400年続いた広島独自の技術。少量生産でも何とか残したい」と意欲を示す。現在はトロフィーなど記念品の卸販売に専念している伊藤久芳堂の安部豊常務は「販売網を生かすなどで協力したい」と話している。
【写真説明】銅虫の花瓶を前に生産の歴史を説明する安部常務=広島市中区の伊藤久芳堂(撮影・山本誉)
 
中国新聞

 「銅虫」なるものがある事を知りませんでした。歴史のある伝統工芸品だとの事。写真を見るからになかなか素晴らしいもののようです。
 「銅虫」についてはこちらのホームページが参考になるかも。
 http://www.douchuu-hikari.jp/index.htm
 地方紙を呼んでいると知らない事の多さに驚かされます。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ