地方紙の楽しい話題を取り上げます


“人馬一体” 騎馬打毬/八戸三社大祭中日

Filed under: イベント,伝統芸能,寺社,文化,歴史,,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年8月3日

 八戸三社大祭は中日の2日、八戸市の長者山新羅神社桜馬場で、伝統武芸の加賀美流騎馬打毬(だきゅう)が行われた。狩り装束をまとった騎馬武者が古式ゆかしい武技を披露し、観客を魅了した。
 加賀美流騎馬打毬は江戸後期の文政10(1827)年、新羅神社に奉納された祭典競技が起源とされる。打毬は現在、同市のほか、宮内庁と山形市にだけ残されている。
 4人ずつ紅白の2組に分かれた騎手は、馬と毬杖(まりづえ)を巧みに操作。人馬一体となって縦横無尽に馬場を駆け回り、ゴールの門に次々と毬を投げ入れた。
 同日は夜間の山車運行も行われ、ライトアップされた山車が市中心街を練り歩いた。
 八戸観光コンベンション協会によると、2日の入り込み数は16万5千人。ディズニーパレードが行われた昨年を6万人下回った。
 (文・松原一茂、写真・大粒来仁)
 
“人馬一体” 騎馬打毬/八戸三社大祭中日
 
デーリー東北新聞社

 
 地方新聞を漁っていないと知り得ない文化が沢山ありますね。これもその一つ。騎馬打毬(だきゅう)は初めて知りました。調べると、ペルシャ起源で、ヨーロッパに渡ってイギリスのポロになり、日本まで伝わって騎馬打毬(だきゅう)になったんですって。ポロと起源が一緒なんですよ。面白い。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

求む!カッパ目撃情報 人吉球磨で観光企画

Filed under: イベント,文化,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年8月2日

 カッパ伝説が残る人吉球磨地方で1日、3年目のカッパ捜索が始まった。県球磨地域振興局を中心に結成されたカッパ捜索隊に目撃情報を提供すると、人吉球磨の特産品などが当たる。31日まで。

 県球磨地域振興局や地元市町村などが、観光客を誘致しようと企画。昨年は、JR人吉駅や球泉洞などに5匹のカッパが出没し、1カ月間に281件の目撃情報が寄せられた。ことしも5匹登場する。

 パソコンや携帯電話の専用サイトにアクセスすると、いつ、どこでカッパが出没しそうか確認できる。カッパを見つけたら、目撃日時や場所、特徴などを捜索隊に送信する。

 この日は球磨村を中心に出現。JR一勝地駅では、博多-人吉を臨時運行しているJR九州の観光特急「あそぼーい!」に乗り込むサプライズも。母親と記念撮影した福岡市の谷野花さん(8)は「想像よりもかわいかった。捜索隊に報告してみようかな」と話していた。

 専用サイトなどの問い合わせは県球磨地域振興局総務振興課TEL0966(24)4113。(後藤仁孝)
 
求む!カッパ目撃情報 人吉球磨で観光企画
 
熊本日日新聞

 
 これはまた、ツチノコ捜索隊のようなものかと思ったら違いました。着ぐるみカッパが実際に町に出没し、それを見つけようという催しのようです。それもまたありですか。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

「日本一『さくらんぼ』祭り」のPRフラッグを取り付け

Filed under: イベント,植物,産業,,観光,農業, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年6月8日

 23、24の両日、山形市の文翔館などで開く「日本一『さくらんぼ』祭り」メーンイベントに合わせたPR用フラッグが7日、市内の目抜き通りの街路灯に取り付けられた。

 イベントは県内の観光、農業、商工、行政各分野の団体などで組織する、やまがた元気プロジェクト実行委員会(会長・吉村美栄子知事)が開催。「復興のための祈りと祭り」を統一テーマに四季ごとの祭りを計画しており、今回が第1弾となる。

 県職員4人が同市十日町角から文翔館までの約1.2キロの通りにある街路灯約80基にフラッグ(縦80センチ×横37センチ)を取り付けた。サクランボを連想させる赤を基調としたデザインが、往来の多い通りを華やかに彩っている。
 
「日本一『さくらんぼ』祭り」のPRフラッグを取り付け
 
山形新聞

 
 サクランボ好きとしては見逃せません。山形といえど東北です。風評被害もあるでしょう。がんばれ山形。がんばれサクランボ。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

全国同時に線香花火  27日 深谷発、復興祈り呼びかけ

Filed under: その他,イベント — フクロウの小耳 @ 2011年8月21日

 これは地方紙ではなく読売新聞の埼玉版です。
 実はこの深谷市は管理人の地元です。
 

 同時刻に線香花火をともし、被災地を含む全国に幸せの光を広げようと、「深谷線香(千幸)花火大会」が27日、深谷市などで計画されている。ツイッターや交流サイト・フェイスブックなどを通じて関心が集まっており、国内外から550人以上が参加する予定。

 毎夏恒例の打ち上げ花火大会の事務局が6月、東日本大震災の被災者らに配慮して中止を決めたのがきっかけ。地元でイタリア料理店を経営する栗原統さん(38)が、自身のツイッターで「打ち上げ花火だけが花火じゃない。線香花火大会をやろう」とつぶやくと、地元の主婦や商店主らが続々と賛同の声を寄せ、栗原さんらが実行委員会をつくった。

 深谷市の深谷シネマをメーン会場にするが、同市と友好都市関係にある岩手県田野畑村も参加。実行委員会が「一番小さな花火で日本一大きな花火大会」とフェイスブックなどで呼びかけると、参加表明の連絡が続々と入った。「家族の明るい未来を願って線香花火をともします」「1人1人の力は小さいけれども、多くの光が集まることで何かが出来るかも知れない」。20日時点で参加予定者は約550人。米国や中国などからも賛同者が名乗りを上げている。

 「鎮魂や被災地の復興も願い、今いる場所で同じ時間に線香花火をともし気持ちを共有したい」と栗原さん。大会は27日午後7時10分から10分間。詳しくは、ホームページ(http://fukasen.org/)へ。後日、線香花火をともした様子を写真で投稿してもらう。
(2011年8月21日 読売新聞)
 
全国同時に線香花火  27日 深谷発、復興祈り呼びかけ
 
読売新聞 埼玉版

 
 今回の東日本大震災の被災者とその復興を助ける日本中の人たちへのメッセージとしての、またその強い繋がりの証しとして行われる線香(千幸)花火の花火大会。どなたでも自分の家で参加できます。是非参加して下さい。
 これについては別のブログで詳しく記事にしていますので、そちらをご覧ください。
 「深谷市あれこれ・・一番小さな花火で日本一大きな花火大会」

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

水陸両用バス「感謝デー」 3~4月に市町村ごと

Filed under: イベント,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月17日

 諏訪湖で「水陸両用バス」を営業運行している日本水陸観光諏訪営業所は、水陸両用バスの魅力を再認識してもらうため、諏訪地方の住民が格安で乗車できる「感謝デー」を設けることを決め、16日に諏訪市役所で開いた水陸両用バス導入協議会(会長・山田勝文市長)で報告した。3月から4月にかけ、各市町村ごとに実施する。また8月には、諏訪市の諏訪湖畔で行われる花火イベント「サマーナイトファイヤーフェスティバル」に合わせ、湖上から花火を見物する夜間運行も検討しているとした。

 説明によると、今季は3月19日から営業を開始。同日から同27日までの9日間を、諏訪市民を対象にした「市民感謝デー」とする。午前9時発と午後3時発の2便を市民向けとし、料金を大人1000円、小学生以下500円、2歳以下無料と通常の半額以下に設定した。

 このほか、岡谷市は3月5日と13日、茅野市は同6日、下諏訪町は4月17日、原村は4月3日を「サービスデー」とし、諏訪市と同様の割り引きを実施。1日5便を運行し、岡谷市は市役所、下諏訪町は諏訪大社下社秋宮を臨時発着所とする。富士見町は詳細を未定としている。

 6市町村とも、事前に各自治体の観光課で申し込みを受け付ける。

 花火見物の夜間運行は、8月1日から10日を予定。下諏訪町と上諏訪温泉の旅館街を経由して諏訪湖へ入り、湖上から花火を楽しむ趣向で、運行路などを検討している。

 水陸両用バスは一昨年5月に運行を開始。同協会によると、昨季(昨年4月1日~1月10日)は諏訪大社御柱祭が行われた春から夏にかけての利用が伸びず、利用者数は前季を約1500人下回る約1万4800人。売り上げも450万円ほど減ったという。今季はJRの協力を得て、首都圏や中央本線沿線への宣伝活動を強化して巻き返しを図りたいとしている。

水陸両用バス「感謝デー」 3~4月に市町村ごと

長野日報

 
 知りませんでした、諏訪湖に水陸両用バスが走っているのなんて。楽しそう。でも、ちゃんと商売になるのか老婆心ながら心配です。
 まずは地元の人に知っていただかないと広がらないでしょうから、いい催しだと思います。

 水陸両用バスの画像はこちらで見られます。
 「日本水陸観光株式会社」http://www.japan-ducktour.com/index.php

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

「八戸のうわさ」中心街に吹き出し続々

Filed under: イベント,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月10日

 「はっち」開館を前に、八戸市中心街の事業所と店舗の壁や窓に従業員らの〝うわさ〟が書かれた黄色い吹き出しが多数出現し、歩行者を不思議な世界に引き込んでいる。
 吹き出しは、名古屋市出身のアーティスト山本耕一郎氏が手掛ける「八戸のうわさ」事業。約90カ所を取材し、店舗の話題やスタッフの趣味などを吹き出し型のシールにして貼り付けた。
 同時に、高機能携帯電話(スマートフォン)のアプリケーション「セカイカメラ」を使って街並みを画面に映すと、「エアタグ」と呼ばれる付加情報が浮かんでくる仕組みになっている。
 セカイカメラ版のうわさは100以上。利用者がエアタグを自由に作成できるため、日々〝増殖中〟だ。
 エアタグを作成した八戸市のクリエイティブユニット・トライポッドスタジオの沼畑武行さんは「小さな仕掛けだが、街に出掛けるきっかけになれば」と話している。
 
「八戸のうわさ」中心街に吹き出し続々
 
デーリー東北新聞社

 
 なんだかよくわからないけど、とりあえず楽しそうだぞ。町の噂話を書いた吹き出しが町中にあふれているという事なのか。それだけじゃなさそうだけど。
>>>高機能携帯電話(スマートフォン)のアプリケーション「セカイカメラ」<<< なんかは何のことやらわからないけど。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

そりレースや宝探し楽しむ 井川スキー場で雪まつり

Filed under: イベント,スポーツ,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月7日

 三好市井川町の井川スキー場腕山で6日、「ふれあい雪まつり」が開かれ、そりレースや宝探しゲームに家族連れらが歓声を上げた。

 そりレースでは小学生以下の約50人が5人一組に分かれて競争。そりから落ちたり、コースを外れたりしないよう懸命にバランスを取りながら、約50メートル先のゴールを目指した。

 3位でゴールした徳島市の梶恭子さん(10)=鳴門教育大学付属小4年=は「他の子のそりに当たりそうになって怖かったけど、楽しかった」と笑顔を見せた。

 コース内に置かれたカードを見つけると菓子がもらえる宝探しゲームも大勢の児童らでにぎわった。
【写真説明】そりに乗って勢いよくスタートする児童ら=三好市井川町の井川スキー場腕山
 
そりレースや宝探し楽しむ 井川スキー場で雪まつり

徳島新聞

 
 何の変哲もない記事ですが、関東に住んでいる管理人はびっくり!四国にスキー場があるんですね。調べてみると8つも。4つの県全部にあるようです。侮っていました。すみません。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

備後一宮・吉備津神社で「ほら吹き神事」

Filed under: イベント,寺社,文化, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月5日

 福山市新市町宮内、備後一宮・吉備津神社で3日夜、節分祭の一環で伝統の「ほら吹き神事」が行われ、同神事保存会の会員らが世相を鋭く風刺したユニークなほら話で会場を盛り上げた。

 会員ら10人が特設ステージに登場し、約千人(同神社発表)の前で順番に披露。ある男性は匿名でランドセルなどを贈る“タイガーマスク運動”に触れ、「1億円を手に入れたけど、そんなに高いランドセルはないので小切手で寄付した」と述べた。ユーモアあふれる話の数々に場内は笑いに包まれた。

 同神事は鎌倉時代のころ、節分の夜に自慢話などで一夜を語り明かしたことが起源とされている。
 
備後一宮・吉備津神社で「ほら吹き神事」
 
山陽新聞社

 
 世の中には変わった祭りがあるものですね。こんなのを見つけると、このブログをやってて良かったと思います。管理人もほら話は好きです。時々ほら吹きます。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

鬼を追い出し厄払い 乙訓の社寺で節分行事

Filed under: イベント,寺社,文化,歴史,,習慣 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月4日

 節分の3日、乙訓地域の社寺では豆まきや厄払いの行事があった。好天に恵まれ、寒さもゆるんだ中、福をもらおうとする多くの人でにぎわった。

 京都府大山崎町大山崎の宝積寺では、今年で1288回目とされる「星供節分会(ほしくせつぶんえ)」が行われ、約500人の参拝者が訪れた。本堂は昨春、シロアリ被害で床が抜け落ちたため応急工事を施し、入場人数を制限した。

 午後2時過ぎ、七福神の衣装や鬼の面をつけた信者ら34人が山門を出発し、本堂に入った。招福を祈願する星供養と追儺(ついな)式が厳かに営まれ、たいまつを持った鬼たちが追い出された。

 続いて修験者が吹くほら貝の音を合図に、福娘姿のOSK日本歌劇団員4人や稚児、七福神にふんした信者による福豆まきが行われた。保育園児からお年寄りまで幅広い年代層の人たちが本堂前を埋め、多くの豆をもらおうと、持参した帽子や袋を広げていた。

 長岡京市天神の長岡天満宮でも節分祭が営まれた。本殿前で暴れた鬼たちは、今年の年男や年女に豆を投げ当てられ退散した。

 特設舞台であった豆まきには、中小路宗俊宮司に加え、プロバスケットボールbjリーグの「京都ハンナリーズ」の2選手が登場。約400人を前に笑顔で「福は内」と声を上げていた。

 向日市向日町の向日神社でも、恒例の「節分祭」が営まれた。氏子や地域の住民らが多数訪れ、厄払いを祈願した。

 午前10時ちょうどに太鼓が打ち鳴らされ、神事が始まった。入りきらないほど多くの参拝者が詰めかけた本殿で、六人部是継宮司が災厄を払う祈とうを行い、福豆などを供え、祝詞を読み上げた。

 神事の後、参拝者は順に神前で手を合わせ、今年一年の無病息災などを祈った。続いて宮司らから一人一人に福豆が授与された。

 初めて節分祭に足を運んだという同市鶏冠井町の主婦五十棲恵子さん(63)は「今年も一年元気で過ごしたいとお祈りしました」と笑顔で話していた。
 
鬼を追い出し厄払い 乙訓の社寺で節分行事

京都新聞

 
 京都は由緒正しい寺社が沢山ありますので、節分の行事もあちこちで盛んのようです。この記事では宝積寺、長岡天満宮、向日神社の節分の話しでしたが、壬生寺や吉田神社も有名ですね。
 福を欲しがる人が多いようですが、福は呼び寄せるものらしいですよ。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

峠の国盗り綱引き合戦開く

Filed under: イベント, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年10月26日

 飯田市南信濃と浜松市水窪の青年同士が「国境」の領土拡大をかけて綱引きで争う第24回「峠の国盗り綱引き合戦」が24日、長野、静岡両県境の「兵越峠」(標高1168メートル)で開かれた。信州軍は4年ぶりに勝利した昨年の勢いに乗って連勝を目指したが、力及ばず敗戦。通算成績は12勝12敗の五分となり、遠州側に1メートル食い込んでいた国境も元に戻された。
 
 戦国大名の武田信玄が、遠州攻略の際に進んだとされる兵越峠を舞台に、1987(昭和62)年に旧南信濃村と旧水窪町の両商工会青年部が地域おこしイベントとして始めた。現在は後身の飯田商工会議所遠山郷支部青年部と天竜商工会青年部水窪支部が主催している。
 
 ことしは三遠南信地域の交流促進も狙いに、大将役の飯田市の牧野光朗市長、浜松市の鈴木康友市長に加えて、行事役として愛知県豊橋市の佐原光一市長が初参加。陣羽織姿の3市長がそろい踏みで登場した。
 
 飯田、浜松の両市などから駆けつけた観客らが声援を送る中、両軍12人ずつの国盗り3本勝負の火ぶたが切って落とされた。1本目に完敗の信州軍は2本目も瀬戸際まで引き寄せられたが、懸命の巻き返しで勝利。何とか3本目に持ち込んだものの、防戦の末に余力尽きた。
 
 今回は男女と体重、勝負時間も「制限なし」で実施した。遠州軍は体重100キロ超級を数人そろえたが、信州軍は0人。悔し涙を拭った飯田商工会議所遠山郷支部青年部の大屋敷和彦部長(42)は「2本目は意地で盛り返せたが、最後に自力の差が出た。来年は圧勝してリベンジを果たす」と雪辱を誓っていた。
 
 合戦後、遠州側に1メートル食い込んでいた「国境」の看板を実際の県境と同じ位置へと移動。信州軍は過去に1回も国内への侵入を許していないだけに、関係者たちは早くも来年に向け気合をたぎらせていた。
 
 牧野市長は「過去最高の名勝負」と健闘をたたえ「豊橋市の参加で、三遠南信の絆がますます深まる」と期待。浜松市の鈴木市長は「来年は浜松市制100周年でもあり、信州側に足を踏み入れたい」と早くも勝利をもくろみ、笑いを誘った。行事を担った豊橋市の佐原市長は「両軍の心意気を間近で感じることができた。我々も来年以降の登場(協力)方法を考えなくては」と話していた。
 
峠の国盗り綱引き合戦開く
 
南信州新聞

 
 これは以前テレビでも見た気がします。しかし僅かですが、国境争いをこのようなイベントで解決してしまうのですから素晴らしい。どこぞの国と国の領土争いの醜さを見ていると、なおさら美しく見えますね。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ
Older Posts »