地方紙の楽しい話題を取り上げます


伊豆特産のキイチゴ、全国へ発信 酒や焼き菓子試作好評

Filed under: 植物,産業, — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年10月26日

 県伊豆農業研究センター(東伊豆町)は伊豆半島南部に自生するキイチゴを使った商品化に乗り出した。すでに数種類のキイチゴを加工したリキュールやワイン、ジャムなどを試作、消費者アンケートで手応えも得ている。同センターは「さらなる商品開発や販売方法の考案などを一緒に行ってほしい」と協力企業を募集している。
 同センターの武藤浩志上席研究員は「国内で見掛けるキイチゴの多くは、冷凍輸入された果実」と話す。国内ではほとんど生産農家がないという。
 武藤研究員は「そこに商機がある」とみる。下田市周辺などにはイチゴの「紅ほっぺ」と甘みが遜色ない「フユイチゴ」や「モミジイチゴ」など計13種類のキイチゴが自生しているという。
 これらの自生キイチゴを品種改良した上で、伊豆地方の農家で大量生産してもらい、「伊豆特産」として大々的に全国に売り出す計画で、今回のパートナー企業探しはその第一歩。
 同センターは、2009年から伊豆南部のキイチゴの本格調査に着手し、糖度の高い良質なキイチゴを多く見つけた。昨年からは酒やジャムのほか、フユイチゴなどのピューレを加えた白あん入りの焼き菓子を作ったところ、女性に好評だった。
 武藤研究員は「ラズベリーなどが多く消費される欧米に比べ、キイチゴは日本ではあまり食べられていない。伊豆半島から新たな食文化を発信したい」と意気込む。

伊豆半島南部で自生するキイチゴでつくった酒の瓶を手に取る県伊豆農業研究センターの武藤浩志上席研究員=東伊豆町稲取の同センター

 
伊豆特産のキイチゴ、全国へ発信 酒や焼き菓子試作好評
 
静岡新聞

 私は常々なぜキイチゴ(私の場合はモミジイチゴだが)が商品にならないのだろうと考えていた。もちろん生食が美味しいのだが、それは傷みやすさなどで難しいだろうとは思っていましたが。やっとキイチゴを本格的に商品にしようという所が出てきましたね。今後は品種改良して、生食用のキイチゴも作って欲しいものだ。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする