地方紙の楽しい話題を取り上げます


大入り願い、筆に託し 南座「まねき書き」始まる

Filed under: 伝統技術,寺社,文化 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2013年11月7日

 京都の師走の風物詩、南座(京都市東山区)の「吉例顔見世興行」で、劇場の前を彩る看板に歌舞伎俳優の名を書き入れる「まねき書き」が7日、左京区の妙伝寺で始まった。

 まねき看板は長さ約1・8メートル、幅約30センチのヒノキの一枚板。つや出しに清酒を混ぜた墨を使い、公演の大入りを願って、独特な丸みを帯びた「勘亭流」の書体で書かれるのが特徴だ。

 同寺客殿の作業場では、書家の川勝清歩さん(80)が、墨を十分に含ませた筆を力強く走らせた。白木の板には、顔見世で襲名披露する「市川猿之助」ら人気役者の名前が黒々と躍った。

 今年は計64枚あり、25日朝の「まねき上げ」で南座正面に掲げられる。顔見世は30日から12月26日まで。

 
大入り願い、筆に託し 南座「まねき書き」始まる
 
京都新聞

 色々な職業と言うか、職人技と言うか、あるものですね。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL

コメントする