地方紙の楽しい話題を取り上げます


“人馬一体” 騎馬打毬/八戸三社大祭中日

Filed under: イベント,伝統芸能,寺社,文化,歴史,,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2012年8月3日

 八戸三社大祭は中日の2日、八戸市の長者山新羅神社桜馬場で、伝統武芸の加賀美流騎馬打毬(だきゅう)が行われた。狩り装束をまとった騎馬武者が古式ゆかしい武技を披露し、観客を魅了した。
 加賀美流騎馬打毬は江戸後期の文政10(1827)年、新羅神社に奉納された祭典競技が起源とされる。打毬は現在、同市のほか、宮内庁と山形市にだけ残されている。
 4人ずつ紅白の2組に分かれた騎手は、馬と毬杖(まりづえ)を巧みに操作。人馬一体となって縦横無尽に馬場を駆け回り、ゴールの門に次々と毬を投げ入れた。
 同日は夜間の山車運行も行われ、ライトアップされた山車が市中心街を練り歩いた。
 八戸観光コンベンション協会によると、2日の入り込み数は16万5千人。ディズニーパレードが行われた昨年を6万人下回った。
 (文・松原一茂、写真・大粒来仁)
 
“人馬一体” 騎馬打毬/八戸三社大祭中日
 
デーリー東北新聞社

 
 地方新聞を漁っていないと知り得ない文化が沢山ありますね。これもその一つ。騎馬打毬(だきゅう)は初めて知りました。調べると、ペルシャ起源で、ヨーロッパに渡ってイギリスのポロになり、日本まで伝わって騎馬打毬(だきゅう)になったんですって。ポロと起源が一緒なんですよ。面白い。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

「八戸のうわさ」中心街に吹き出し続々

Filed under: イベント,観光 — タグ: — フクロウの小耳 @ 2011年2月10日

 「はっち」開館を前に、八戸市中心街の事業所と店舗の壁や窓に従業員らの〝うわさ〟が書かれた黄色い吹き出しが多数出現し、歩行者を不思議な世界に引き込んでいる。
 吹き出しは、名古屋市出身のアーティスト山本耕一郎氏が手掛ける「八戸のうわさ」事業。約90カ所を取材し、店舗の話題やスタッフの趣味などを吹き出し型のシールにして貼り付けた。
 同時に、高機能携帯電話(スマートフォン)のアプリケーション「セカイカメラ」を使って街並みを画面に映すと、「エアタグ」と呼ばれる付加情報が浮かんでくる仕組みになっている。
 セカイカメラ版のうわさは100以上。利用者がエアタグを自由に作成できるため、日々〝増殖中〟だ。
 エアタグを作成した八戸市のクリエイティブユニット・トライポッドスタジオの沼畑武行さんは「小さな仕掛けだが、街に出掛けるきっかけになれば」と話している。
 
「八戸のうわさ」中心街に吹き出し続々
 
デーリー東北新聞社

 
 なんだかよくわからないけど、とりあえず楽しそうだぞ。町の噂話を書いた吹き出しが町中にあふれているという事なのか。それだけじゃなさそうだけど。
>>>高機能携帯電話(スマートフォン)のアプリケーション「セカイカメラ」<<< なんかは何のことやらわからないけど。

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ

木製グライダー 秋風受け〝初飛行〟

Filed under: イベント — タグ: — フクロウの小耳 @ 2010年10月24日

「大空のまち みさわスカイフェスタ」が23日、三沢市郊外の湖の見える草原で開かれ、市内のNPO法人が製作した木製の「プライマリーグライダー」の公開試験飛行が行われた。機体は地上すれすれの高さまでしか浮かばなかったものの、秋風を受けて“初飛行”した。
 全幅7・2メートル、重量75キロで、すべて木材で組み立てた。三沢を離陸して世界初の太平洋無着陸横断飛行を達成したミス・ビードル号の偉業80周年に合わせ、NPO法人「テイクオフみさわ」が5カ月以上をかけて製作した。
 試験では、長さ約25メートルのゴム製の綱を機体にくくり付け、大人16人がかりで力いっぱい引っ張ると、機体はフワリと浮き、地上ぎりぎりながら約30メートルの距離を懸命に飛んだ。製作責任者の篠塚智さん(52)は「飛んだ瞬間、鳥肌が立った」と顔をほころばせていた。
 24日は、紙飛行機を飛ばして滞空時間を競うイベントが行われる。
【写真説明】
秋風を受けてに飛行するプライマリーグライダー=23日、三沢市郊外の湖の見える草原
 
木製グライダー 秋風受け〝初飛行〟
 
デーリー東北新聞社

 
 地上ぎりぎりでも、飛んだ時の感動、判りますね。5か月以上かけて作ったんですからね。ちょっと見て見たい。そして大笑いしながら大拍手してあげたい。
 

 ランキングはどのくらいかな?  にほんブログ村 地域生活(街) その他ブログ 全国地域情報へ